大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

映画、ニューヨークの恋人の感想

映画ニューヨークの恋人感想 ★★★★☆

○出演: メグ・ライアン ヒュー・ジャックマン
○監督: ジェームズ・マンゴールド

ニューヨークで暮らすキャリアウーマン(メグ・ライアン)の前に、1876年の貴族(ヒュー・ジャックマン)がタイムスリップしてきて、時代を超えて恋に落ちるお話。

あらかじめストーリー展開は分かったようなものだけれど(笑)、それでも飽きずに最後まで楽しめる映画だと思います。

わたしは、あまりヒュー・ジャックマンをステキな男性だとは思っていませんでしたが、この映画を観て好きになっちゃいました。(*^^*)端正な顔立ちだからか、メチャメチャ貴族の格好が似合っています!!

かつてラブコメ女王と呼ばれたメグ・ライアンのキュートさも、この映画ではかろうじて(!?)健在。…整形を繰り返して、妙な顔になってしまったのが本当に残念です。(泣

この映画のワンシーンで、“メグ・ライアンが着ているシャツにコーヒーがこぼれて、同じシャツを取り寄せる”ところがあるんですが…。その白いシャツがステキなんです♪

『どこのブランドのものなんだろう…。』と、未だに気になります。…でも調べていないわたし。(苦笑)

メグ・ライアンは、正直あまり好きな女優さんではないけれど、“シンプルだけれど大人の可愛さを持つ洋服の着こなし”は大好き。“大人の女性のキュートなしぐさ”も参考になるところが多い女優さんだと思います。^^

だからわたしは、マネできるところはマネをして、参考にしていますよ〜♪
 
comments(3) : trackbacks(0)

映画、トリコロールに燃えての感想

映画トリコロールに燃えて感想 ★★★★☆

○出演: シャーリーズ・セロン ペネロペ・クルス
○監督: ジョン・ダイガン

この映画、あまり話題にならなかった記憶がありますが、わたしは大好きです。

第2次世界大戦中のパリを舞台に、ストーリーは展開しますが…。わたしは、基本的に戦争の映画が苦手なんです。目をそむけてはならない話題だとは思いつつも、できればあまり考えたくないような、触れたくないような話題。

でも、この話は、戦争という時代でありながらも、「愛」を求めて生き抜いた女性の物語。そのせいか、主人公ギルダ(シャーリーズ・セロン)やミア(ペネロペ・クルス)の考え方や生き方には、共感する部分が多くて、すんなり映画の世界に入っていけました。『自分だったら、どうするだろう?』と考えさせられた1本です。

それにしても、シャーリーズ・セロンの美しいこと!!パリのさり気ないオシャレが、本当によく似合っています。わたしは、ペネロペ・クルスも好きですが、この映画では、シャーリーズ・セロンの美貌が圧倒的に印象に残りました。

ちなみに、この映画でのシャーリーズ・セロンの恋人役の男性。スチュワート・タウゼントという俳優さんですが、実際にもシャーリーズ・セロンと何年も交際している仲なんですよ〜。

シャーリーズ・セロンは、美人なのにあまり恋話を聞かないな〜。』と思っていたけれど、堅実に恋を育んでいる女優さんなんですね。なんか、そういう地に足がついた生き方をしているようなところも、とても好きなわたしです。
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、アメリの感想

映画アメリ感想 ★★★★☆

○出演: オドレイ・トトゥ マチュー・カソヴィッツ
○監督: ジャン=ピエール・ジュネ

わたしたち女性は、オトナになってもどこか夢見がちなところがあると思う。だから、アメリ(オドレイ・トトゥ)の気持ちには共感できる部分が多いのではないかな。

映像もフランスらしいオシャレ感がいっぱいで、アメリワールドにグイグイ引き込まれます。女友達で、ゆったりくつろぎながら観たい1本かも♪

余談ですが、この映画でのオドレイ・トトゥは、本当にキュートなので、ハリウッドデビューとなったダ・ヴィンチ・コードでは、あまり魅力的に感じなかったくらい。
 
comments(1) : trackbacks(0)

映画、髪結いの亭主の感想

映画髪結いの亭主感想 ★★★★★

○出演: ジャン・ロシュフォール アンナ・ガリエナ
○監督: パトリス・ルコント

主役を演じるアンナ・ガリエナは、フランスの「魅力的な女性」のお手本のような女性。女性の理容師の役なので、ダサくなりそうなものなのに、なめらかな動きのせいか、本当にセクシーなんです!!それでいて、何か物悲しさをたたえているようなところが、余計に心を惹きつける感じ。

そんなステキな女性をゲットする男性は、子供の頃抱いた理想の女性像を捨てきれない中年の男性で、『エ゛ッ!?(@▽@;)』とか、思ってしまいましたが…。

最後まで観ると、最初から感じていた物悲しさ。なんとなく現実離れした結婚と結婚生活。フワフワと宙にただよっているような不安感の意味が伝わってくるようで、切なくなりました。

オトナになって、「恋愛」についてじっくり考えたいときに観るといいかもしれない映画です☆
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、マディソン郡の橋の感想

映画マディソン郡の橋感想 ★★★★☆

○出演: クリント・イーストウッド メリル・ストリープ
○監督: クリント・イーストウッド

この小説、本当に話題になりましたよね〜。そんなベストセラーの映画化。「不倫」で片づけるには、あまりにも美しくて悲しい恋の物語だと思います。

メリル・ストリープ演じる田舎の平凡な主婦が、選んだこの恋の最後の結末は、少々もどかしい感じもしますが。でも、『とても賢い選択をしたのだろうな…。』と、考えさせられます。

メリル・ストリープは、いつも演技を絶賛されることが多い女優さんですが、本当に上手です!!「映画よりも小説の方が、よかったな。」と思うことも多いわたしですが、この作品に限っては、映画の方が良かったかもしれません。

メリル・ストリープは、ハリウッドで賞賛を浴びていても、自分のスタイルを大切にして、田舎で静かに暮らしているそうですが…。そんな自然体の魅力が、この映画からも伝わってくるようです。

ちなみに、わたしは、この映画を観ると、日記を書きたい気分になります。そして気合を入れて、美しい日記帳を購入しては、いまだかつて3日以上、続いたことがありません。…ううっ。(涙)
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、ウェディング・プランナーの感想

映画ウェディング・プランナー感想 ★★★★☆

○出演: ジェニファー・ロペス マシュー・マコノヒー
○監督: アダム・シャンクマン

結婚式をプロデュースするお仕事、ウェディング・プランナー。ステキな結婚式をプロデュースする腕は高いけれど、自分は結婚できない女性を好演するのは、ジェニファー・ロペスです☆

ストーリー展開は、ちょっと強引なところがある気もしましたが、ウェディング・プランナーという仕事の魅力、ジェニファー・ロペスの魅力はたっぷり満喫できますよっ☆

結婚願望があまりないわたしですが、映画を観たあと、ちょっと結婚式にあこがれてしまったりして。。(笑)映像全体がオシャレに出来ていて、結婚式場の映像だけではなく、ジェニファー・ロペスのヘアスタイルやファッションスタイルなど、うっとりしてしまうところが多いです。

個人的には、主人公演じるジェニファー・ロペスのお家のインテリアが、やたら気に入ってしまいました。(><)女性らしいけれど、甘過ぎないインテリアは本当にステキです!!
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、10日間で男を上手にフル方法の感想

映画10日間で男を上手にフル方法感想 ★★★★☆

○出演: マシュー・マコノヒー ケイト・ハドソン
○監督: ドナルド・ペトリ

女性誌の編集者アンディ(ケイト・ハドソン)は、「失恋体験の記事を書くため」に、男性と付き合うことになります。そのお相手は、「10日間で女性を落とす」という賭けを男友達としている男性!お互いにゲームのようにはじまったニセモノの恋愛。果たしてどうなるか!?が、この映画の見どころ♪

実は、わたしは期待していないで、この映画を観たんです。
でも、意外にも面白くて、最後まで楽しめちゃいました!!

ケイト・ハドソンさんって、あまり好きな女優さんではなかったけれど、この映画の中の彼女は、本当に魅力的。ワガママに振舞っていても、かわいく思えるところなんて、女性としてマネしたいものです。(笑)

恋愛上手になるための、お役立ちの1本かな♪
 
comments(0) : trackbacks(0)

<<  2/2P