大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、ライアー ライアーの感想 : 映画、ウーマン・オン・トップの感想 >>

映画、パニック・ルームの感想

映画パニック・ルーム感想 ★★★☆☆

○出演: ジョディ・フォスター
○監督: デビッド・フィンチャー

映画セブンを監督したデビッド・フィンチャー監督の作品とあって、期待して映画館まで足を運びましたが…。

「早く次の展開が知りたい!」と思わせるドキドキしたストーリー展開も、背筋がゾクゾクするようなスリリング感も、あまりなかったかな。。始終落ち着いた気持ちで楽しみ、「まぁ、悪くはない映画だったね。」という感想を持つ感じの映画でした。

ジョディ・フォスターは、デビッド・フィンチャー監督を尊敬していて、妊娠中でありながら、この映画出演を引き受け、撮影したとか。

ジョディ・フォスターは素晴らしい女優さんだと思うし、デビッド・フィンチャーも素晴らしい監督さんだと思うだけに、いまひとつ物足りなさを感じたのが残念。

ただ、わたしはインテリアや建物を見るのが好きなので、「パニック・ルーム」と呼ばれる緊急避難場所(秘密のスペース)を設定にしたところは、とても面白いなって感じました♪
 
comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/90