大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、I am Sam アイ・アム・サムの感想 : 映画、ロレンツォのオイル/命の詩の感想 >>

映画、真実の行方の感想

映画真実の行方感想 ★★★★★

○出演: リチャード・ギア エドワード・ノートン
○監督: グレゴリー・ホブリット

鳥肌の立つミステリー・サスペンスには、なかなか出会えないものだと思いますが…。この映画は、スゴイです。最後に鳥肌がワサ〜ッて立ちました。><;

一緒に観ていた男性は、「うぉえ〜っ!」と、よく分からない悲鳴を発したほどです。(「うぉ〜っ!+こえ〜っ!」=「うぉえ〜っ!」に短縮されたんでしょうね。。どうでもいい話ですが。。)

ストーリーは、大司教が殺害された猟奇事件を、敏腕弁護士のマーティン・ベイル(リチャード・ギア)が、容疑者19歳のアーロン(エドワード・ノートン)の弁護を無償で引き受けて、弁護するお話です。

アーロン役を演じたエドワード・ノートンの演技が衝撃的です!
ゾゾゾゾゾォ〜〜〜ッ!!><;
 
comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/88