大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、トリコロールに燃えての感想 : 映画、ダイノトピアの感想 >>

映画、セイブ・ザ・ラストダンスの感想

映画セイブ・ザ・ラストダンス感想 ★★★★★

○出演: ジュリア・スタイルズ ショーン・パトリック・トーマス
○監督: トーマス・カーター

バレエダンサーを夢見る主人公サラ(ジュリア・スタイルズ)は、夢をかなえるためにジュリアード音楽院のオーディションを受けようとします。しかし、オーディションの日、会場に向かっていた彼女の母が交通事故で亡くなってしまい、一旦は夢をあきらめそうになりますが…。でも、新たな出会いが彼女を強くたくましくしていくお話。

夢に向かってがんばっているときに、起きたアクシデント。挫折から這い上がって、最後には成功をつかむストーリー展開は、ベタだけれど…。それでも、この映画は魅力的☆本当に元気が出てきます。

ジュリア・スタイルズのダンスシーンは、要部分はプロダンサーの吹き替えになっているそうですが…。わたしは、全然気がつきませんでした。(^^;めちゃめちゃかっこいいダンスシーン、わたしは何度も観てしまいましたよ〜。(笑)

ジュリア・スタイルズは、日本ではあまり知られていませんが、アメリカでは人気の女優さんです。わたしは、最初観たとき、「キルスティン・ダンストに似た雰囲気だなぁ…。」なんて思いましたが。キルスティン・ダンストもアメリカでは大人気。

アメリカ人の友達曰く、「アメリカでは、ジュリア・スタイルズキルスティン・ダンストのような顔立ちは、正統派美人にはいる。」そうですよ☆
 
comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/79