大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、チャーリーとチョコレート工場の感想 : 映画、ミュージック・オブ・ハートの感想 >>

映画、エビータの感想

映画エビータ感想 ★★★☆☆

○出演: マドンナ アントニオ・バンデラス
○監督: アラン・パーカー

アルゼンチンの聖母と呼ばれたエバ・ペロンという女性の生涯を綴った映画。エバ・ペロンは、いまでもアルゼンチンの国民にとって聖母のままだそうです。

だから、マドンナが主演を演じることが決まりかけると、「セクシー路線のマドンナが聖母のエバ・ペロンを演じるなんて冒涜だ!」と、アルゼンチンから猛反対が起きたんですね。

でも、マドンナは本当にエバ・ペロンを演じることを熱望していて、確か何度もアルゼンチンを訪れ、熱心に交渉したとか。その甲斐あって、マドンナが主演に決定しましたが…。わたしは、マドンナにピッタリの役どころだったように思います。

私生児として生まれながらも、力強く生き、アルゼンチンの大統領夫人となったエバ・ペロン。子宮癌で33歳という若さでなくなってしまったけれど、人生を「完全燃焼」したような生き方には感動を覚えます。

なんだか元々エバ・ペロンについて詳しいような書きっぷりですが…。(笑)実は、わたしはエビータ映画が話題になるまで、エバ・ペロンという女性の存在すら知りませんでした。(*^^*;)

エビータを観て、はじめてエバ・ペロンという女性に興味を持ち、数冊本を読んだんです。わたしが読んだ本をご紹介させて頂くと…。

1冊目は、エビータの真実という本。



映画ではよく分からない生い立ちや、苦労、なぜ「聖母」と呼ばれるようになったのか等が詳しく分かります。わたしは、1人の女性の「人間らしい部分」が垣間見れて、映画よりも感動しました。

もう1冊は、エビータ―写真が語るその生涯という写真つきの本。



写真って、文章よりも膨大な情報量を与えてくれることがありますよね。こちらも、本当のエバ・ペロンの姿が見れて、マドンナ演じるエバ・ペロンとは一味違った感動をもたらしてくれました。
 
comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/53