大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、ハムナプトラ 失われた砂漠の都(ハムナプトラ1)の感想 : 映画、崖の上のポニョの感想 >>

映画、ダークナイトの感想

映画ダークナイト感想

○出演:クリスチャン・ベール マイケル・ケイン ヒース・レジャー ゲイリー・オールドマン アーロン・エッカート マギー・ギレンホール モーガン・フリーマン
○監督:クリストファー・ノーラン
○前作:バットマンビギンズ
○制作年:2008年
○制作国:アメリカ
○配給:ワーナー・ブラザース映画
○上映時間:152分


早く観たくて仕方がなかった映画ダークナイトをやっと観に行きました〜☆><

ダークナイトは、ヒースレジャーの遺作となった作品でもあり、“ジョーカー(バットマンに登場する悪役)”を演じたヒースレジャーの演技が凄すぎる…という前情報あって、とても気になっていた映画です。

わたしは最初から最後まで、目が離せないくらい映画の世界に引き込まれ、鳥肌が立つほど…。あっという間の152分間でした。

バットマン”と言えば、“スパイダーマン”など“ヒーローもの”と同列にみていましたが、“ダークナイト”は単純なヒーローものとは言い難いし、アメリカン・コミックスの域を超えた大作だと感じました。

ダークナイトでは、正義が勝ち、世の中が平和に保たれるためには多大な犠牲を伴うという“ダーク(暗い)な側面”がとてもリアルに描かれています。

心が恐怖に縛られそうになる環境の中で、必死に希望を見い出そうとする人の姿は感動したし、“ジョーカー”の罠にはまって、悪の道へと転落する人の姿は、震えがくるほど怖かったです。

重くて、深くて、とても一言では感想を述べられないほど、感情を揺さぶられる奥深い映画でした。観た後、しばらく気持ちが沈みこみましたが、映画館で観てよかったなと思いました☆
 
comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/337