大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、スカイ・クロラの感想 : 映画、ハムナプトラ 失われた砂漠の都(ハムナプトラ1)の感想 >>

映画、ワン・ミス・コール(one missed call)の感想

映画ワン・ミス・コールone missed call)の感想

○出演:シャニン・ソサモン エド・バーンズ アズーラ・スカイ アナ・クラウディア・タランコン レイ・ワイズ デーブ・スペクター
○監督: エリック・ヴァレット
○原作: 秋元康着信アリ」(角川ホラー文庫)
○製作年:2008年
○製作国:アメリカ
○配給:カドカワ・ピクチャーズUSA
○上映時間:1時間28分


映画ワン・ミス・コールone missed call)の試写会当選したので、観に行ってきました〜☆^^

わたしは、「着信アリ」を観ていないので比較はできないのですが、最初は、不気味な映像と、突然響き渡る音響によって、『ひ、ひぃぃぃ〜っ。。。どうしよう、最後まで観ていられなかったら↓。』と、ビビりました。

…でも、年のせいですかね?…ホラー映画を観ると、数日間ほど後遺症が残って、怖くて眠れなくなっていた10代の頃とは違ってすぐに慣れてしまい、途中くらいからは驚かなくなりました。フフ…。( ̄∇ ̄;)

“恐怖”というものに心が縛られないと、ストーリーのアラが見えてきてしまうもののようで、人物や人間関係の描写が曖昧だったり、話の展開が途切れていたりして、少々面白みに欠けていると感じました。

もしかしたら、『着信アリ』の方が怖いかもしれませんね〜。“怨念”のような描写は、邦画の方が絶対にうまいじゃないかって思います。

アメリカのホラー映画は、“明朗会計”のように、分かりやすい単純さありますが、日本のホラー映画は、ジワジワと心理的に追い詰められるような怖さがありますね。(ちなみに、わたしは、日本独特なゾワゾワ〜ッとするホラー映画が超苦手デス!(涙))

両方ご覧になった方は、是非どちらが怖かったか教えてくださいネ☆^^
 
comments(3) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS

ネコニク : 2008/07/12 8:01 PM
お邪魔します、ネコニクです。
「ホラー」って日本や韓国系の方が
格段に怖いですよね!
何でかしら??? 黒い髪のせい?
ワタシはアメリカのホラーは普通に鑑賞出来ますが
日本のホラーはホント、怖いです、夜トイレに行けません!
かるかん : 2008/07/12 1:12 PM
ここ最近すごいペースで映画見てますね!
日本的な恐さってアメリカ人にはわからないんでしょうかね?
僕も日本のホラーは恐くて直視できないのですが、アメリカホラーは余裕です!
レックス : 2008/07/11 2:10 PM
わぉぉぉ、
見たですかヘ(゚∀゚*)ノ

この前、映画館の予告で見た。
メチャキモカッタっすが、
一貫性がないようですねぇー

怖さもUSでは限界があるのですかな。






TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/336