大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、スウィーニー・トッドの感想 : 映画、地上5センチの恋心の感想 >>

映画、ライラの冒険 黄金の羅針盤の感想

ライラの冒険 黄金の羅針盤
○出演:ダコタ・ブルー・リチャーズ ニコール・キッドマン ダニエル・クレイグ エヴァ・グリーン サム・エリオット
○監督:クリス・ワイツ ★★★☆☆(3.5)


ライラの冒険 黄金の羅針盤の試写会(2名)が当選したので、観に行ってきました☆

ライラの冒険 黄金の羅針盤は、原作はイギリスの作家、フィリップ・プルマンが書いた冒険ファンタジー。今回の「黄金の羅針盤」に続き、第2部「神秘の短剣」、第3部「琥珀の望遠鏡」と物語は続きます。

今回のライラの冒険 黄金の羅針盤では、ライラというひとりの少女が、真実を解き明かす黄金の羅針盤を手にし、黄金の羅針盤を読める自分の能力に気付き、真実を探すために冒険をはじめるお話でした。

とってもゴージャスでリアルなCGが見物!の映画です☆特に、すべてCGでつくられている動物たち(ダイモン)が、ドキドキするほど美しかったです。(☆▽☆)

ライラの世界では、“ダイモン”と言って、人ひとりずつに、その人の特徴を示す動物が肉体の外に住んでいるんです。ダイモン(動物の精霊)は、大人になるにしたがって、その人の性格によって、1つの形に定まってくるんだとか。

ちなみに、わたしのダイモンは、“トラ”でした。ライラの冒険 黄金の羅針盤の公式サイトでは、自分のダイモンがチェックできるので、よかったら試してみてくださいね♪^^

「ハリー・ポッター」や、「ロード・オブ・ザ・リング」、「ナルニア国ものがたり」同様、子供が喜ぶファンタジーだけれど、大人が観ても十分ワクワク楽しめる三部作になるのカナ…!?^^
 
comments(0) : trackbacks(1)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS






TRACKBACK

- : 2008/02/23 7:06 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/326