大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、デス・プルーフ in グラインドハウスの感想 : 映画、ミス・ポターの感想 >>

映画、シッコ(sicko)の感想

映画シッコsicko)の感想 ★★★★☆

○監督:マイケル・ムーア

映画シッコsicko)の試写会を観てきました。(2007年8月25日から公開予定)

シッコsicko)は、アメリカの医療制度の問題にメスを入れた映画です。

無保険者が医療を受けられずに亡くなっていくのも問題ですが、この映画では、保険に加入しているにも関わらず、“保険が下りない”、“治療を受けられない”、“貧困になっていく”という恐ろしい事実を描いています。

日本もアメリカと同じように、“医療”を受けるにはお金がかかる社会ですよね。そして、いまの医療改革はアメリカと同じような方向に進んでいます。だから、決して人事とは言えず、とても恐ろしかったです。

反対に、カナダや英国、フランスなど、無料で受けられる医療制度を確立している社会に生きている人たちは、お金の心配をすることなく、出産し、病気を治し、社会に復帰していく。そんな幸せそうな姿をみて、「不安」「恐怖」を取り除いて生活できる基盤って、大切だな…とヒシヒシと感じました。

お金の心配をすることなく医療を受けられる社会は、その分、税金が高いと言われますが、一体、どちらが本当に幸せな社会と言えるんでしょうね?シッコsicko)をきっかけに、自分の将来や日本の社会について、ちょっと考えてみるのもいいかもしれませんね。

観た直後は、問題の深刻さに気分が落ち込みましたが、観てよかったと思う映画でした♪^^
 
comments(1) : -

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS

にょご : 2007/10/24 10:18 PM
基本的にこの監督の作品は評価します、っていうか大好きです。この作品は特に良いです。でもね、最大の疑問は「じゃ、あんたアメリカ人やめたら?」って正直思っちゃうんです。出て行くのも自由な国で、これだけ問題(銃やら医療保険)があるのにそれでも住み続けてる理由があるわけでしょ?そこの説明責任はないんですかね?なんだかんだエキセントリックに描きながら、それでも励ましたい好きな国なんでしょ?そういう人が多いからアメリカって成り立ってるんじゃないのかな?え?結局そういうことなんですか?