大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、ダ・ヴィンチ・コードの感想 : 映画、10日間で男を上手にフル方法の感想 >>

映画、セクレタリー スペシャル・エディションの感想

映画セクレタリー感想 ★★★★★

○出演: マギー・ギレンホール ジェームズ・スペイダー
○監督: スティーブン・シャインバーグ

精神病院から退院した主人公リー(マギー・ギレンホール)。冴えない女性が、はじめてのお仕事に選んだのは、セクレタリー(秘書)。そこで出会った上司(ジェームズ・スペイダー)と、「不思議な主従関係」…「恋」へと発展していくお話。

最初は、外見もボサボサ。変なクセを持っていたりして、「モテない女性」まっしぐらな姿が、恋をして、自分らしさを見つけて大変身していく姿は、女性から見ても好感度大☆

魅力的な女性に変身するためのツボがつまっているので、モテる女性に変身するために、何度も観る価値アリだと思います!

アマゾンなどでは、「官能」にカテゴリ分類されていますが、そのカテゴリに分類されるのは、勿体ないような気がしてしまう内容です。。(「官能」に分類されていると、女性として、ちょっと手に取りづらいですもん。(苦笑)←わたしだけかな?(笑)…でも、多くの女性に観てほしいオススメですよ♪)

さらに、主人公を演じているマギー・ギレンホールは、ジェイク・ギレンホールの姉というところも見どころかな。

映像美もステキなので、インテリアの色使いなど見習いたくなっちゃいますよ♪
 
comments(0) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS






TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/28