大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、ホワット・ライズ・ビニースの感想 : GREY'S ANATOMY(グレイズ・アナトミー)の感想 >>

映画、ボルベール<帰郷>の感想

映画ボルベール帰郷>の感想 ★★★★☆

○出演:ペネロペ・クルス カルメン・マウラ ロラ・ドゥエニャス ブランカ・ポルディージョ ヨアンナ・コバ チュス・ランプレアヴェ
○監督:ペドロ・アルモドバル

映画ボルベール帰郷>の試写会を観てきました〜☆(2007年6月30日から公開されてマス。)

「信じられないような過去の傷を背負いながら、現在(いま)をたくましく生きる女性たち。」「逃げ出したくなるような現在の問題を抱えながら、未来に向かってたくましく生きる女性たち。」そんな“必死に”「生きている」女性たちの姿が描かれていて、心に“ジ〜ン”とくるものがありました。

でもね、冷静に考えてみると、ストーリーは、突っ込みどころ満載なんだよね。(笑)

人生を生き抜くことは大切だと思いますが、“必死さ”も間違えると、恐いよな…と思う点。「ナニシテンネン!」とか、「ナンデヤネン!」と、思わず関西弁で(※わたしは生粋の名古屋人ですが、突っ込みは関西弁を使わせて♪)突っ込みたくなるところがいっぱいでしたね〜。^^;

でも、そんな支離滅裂チックなストーリー展開や、「は?これで終わり?」とボーゼンとしそうになったラストをくつがえすほど、心に訴えるものがあったところは、観てよかったと思いました☆

男性が観ると、違う感情(ひょっとしたら、嫌な気持ちになるかも…。)を抱くかもしれないですね。なんせ、ボルベール帰郷>には、これでもか!というくらい、ロクデモナイ男ばかり登場しますから。(汗)

ただロクデモナイ男と関わることになるのは、反面、自分自身が抱えている問題が原因でもあるわけだから…。ボルベール帰郷>は、「おかえり(終わり)」であるとともに、人生の流れを変える新たな「はじまり」であるといいな、って主人公たちを応援する気持ちになりました♪
 
comments(3) : -

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS

ちっち : 2007/07/19 3:23 PM
はじめまして。

この映画観てないんですが・・・

見る気もなかったんですが・・・

「ロクデモナイ男と関わることになるのは、反面、自分自身が抱えている問題が原因でもある」

っていう、外国映画好きさんのコメント読んで、観てみたくなりました。
 : 2007/07/02 11:58 PM
私もトラックバックから来ました。
ボルベール、ほんと意外でした。
ペネロペクルスの彼女らしそうな一面を見れて
素敵な人だなって思えました。
お母さんがすごいキュートでしたね。
娘さんもりんとしてすごい可愛いし
スペインの女性って情に厚いし、強いようで儚くて。
だからこんなに魅力的なんだなって
感じでした。
しゅくりん : 2007/07/02 4:42 PM
はじめまして。
トラックバックからやってきました しゅくりん と申します。

ボルベール、観たんですね〜。
いいなぁ・・・。

私も早くロクデモナイ男たちと、ペネロペの口パク熱唱シーンを
早く観てこようと思います。

また遊びにきまーす。