大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、ザ・エージェントの感想 : 映画、ザ・シューター 極大射程の感想 >>

映画、スモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの感想

映画スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい感想 ★★☆☆☆

○出演:ベン・アフレック アンディ・ガルシア アリシア・キーズ レイ・リオッタ ジェレミー・ピヴェン ライアン・レイノルズ
○監督:ジョー・カーナハン

スモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの試写会を観てきました。【R15】のバイオレンス・ムービーです。

わたしは、バイオレンス・ムービーが基本的に苦手…。でも、「R15だし、アメリカで評判がよかったみたいだし、オーシャンズ11みたいな感じかな〜?」と、気軽な気持ちで観に行ったのですが…。

『おぇっ…。』Σ(=□=;)

信じられないくらいカンタンに人殺しをするクレイジーな映画でした↓。バイオレンス映画が好きな方は、ゾクゾク興奮するのかもしれませんが、わたしには合わなかったですね。

でも、激しい銃撃戦、人殺しのシーンに、『うっ。。。気持ち悪い…。』と思いつつ、食い入るように観てしまった“スピード感”は、スゴイと思いました。アメリカっぽいです。

ストーリーは、単純かと思いきや、最後の最後にいきなり急展開して終わります。。。ちょっと複雑なストーリーである上に、最後の最後に詰め込んだ感じがするので、わたしは、理解するのに少々時間を要しました。~~;

ストーリーを全て理解したとき、『面白い!』と思うか、『はぁん?(怒)』と思うかは、人によって違うと思いますが、わたしは“後者”。(苦笑)

ま、このストーリーなら、“暗殺者がいっぱい”なんていう、だっさいタイトルをつけたくもなるわな…なんて思いました。

批判しまくりでスミマセン!って感じですが、映画の好みは個人差がありますからね♪あくまでも、独断と偏見に満ちたわたしの感想ですので悪しからず!(笑)
 
comments(0) : -

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS