大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、ギフトの感想 : 映画、ピアノ・レッスンの感想 >>

映画、理想の女(ひと)の感想

映画理想の女(ひと)感想

○出演:スカーレット・ヨハンソン ヘレン・ハント トム・ウィルキンソン スティーヴン・キャンベル
○監督:マイク・バーカー


理想の女(ひと)は、オスカー・ワイルドの「ウィンダミア卿夫人の扇」という戯曲を映画化したもの。

映画理想の女(ひと)によると、理想の女には2種類のタイプがいて、【タイプ1】は「すべてを知り尽くした女(ひと)」で、【タイプ2】は「何も知らない女(ひと)」だとか。

全く正反対のタイプだけれど、どちらも男性を虜にする魅力がある。

そんな「すべてを知り尽くした女(ひと)」をヘレン・ハントが、「何も知らない女(ひと)」をスカーレット・ヨハンソンが好演しています☆

恋多き女と、一途に一人の男性を信じ愛し続ける女。

…シアワセな女の生き方って、どちらなんでしょうね?
……あなたが女性でしたら、どちらの生き方がお好みですか?
……あなたが男性でしたら、どちらの女性がお好きですか?

女性だったら、思わず考えさせられてしまう(悩んでしまう?)ところもたくさんあるような気がしますが(苦笑)、理想の女(ひと)はステキな“The end”が待ち受けているので、観終わった後には、心のモヤモヤが晴れてじんわりと感動が広がるのではないでしょうか♪

まったりワイン片手に、静かに映画を楽しみたいときにおすすめです♪

PS/スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)、カナダ出身の俳優、ライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)と5月5日に婚約したそうですね☆
うーん。スカーレット・ヨハンソンの私服は、何度見ても微妙に見えるけれど…。(汗)おめでと〜♪♪o(^-^)o
 
comments(1) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS

tarashi : 2008/05/11 3:02 AM
スカーレット・ヨハンソンの顔も微妙です。僕は好きですが・・・。
真珠の耳飾りなんかもよかったけど、大コケした「アイランド」もよかったなあ。もちろん、マッチポイントやスクープ(タロットカード殺人事件)の彼女もすごくよかったです。特にマッチポイントのときは、ファッションも決まっていたと思いました。でも、あの唇、上流階級の人には見えず、だからマッチポイントでの役柄にはぴったりだったのでしょうね。





TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/264