大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、幸せのちからの感想 : 映画、ドリーム・ガールズ DREAMGIRLSの感想 >>

映画、DEPARTED ディパーテッドの感想

映画DEPARTED ディパーテッド感想 ★★★★☆

○出演:レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン ジャック・ニコルソン
○監督:マーティン・スコセッシ

2007年1月20日から公開予定の映画DEPARTEDディパーテッド)を観てきました☆^^

ハリウッド史上、最高額でリメイク権が落札された映画とあって、期待度↑。わたしは、オリジナル版(インファナル・アフェア)を観ていませんが、期待を裏切られない映画だったかな♪

注目は、レオナルド・ディカプリオ!わたしは、ロミオとジュリエット(1996) や、タイタニック(1997) の頃、レオナルド・ディカプリオが好きではありませんでした。

でも、キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャンの頃あたりから、気になる存在に…。年を重ねるごとに、良くなってきたレオナルド・ディカプリオ!今回も、最後まで目が離せない圧倒的な存在感、魅力を放っていました。演技派と呼ばれるマット・デイモンがかすんでみえたほどです。

さらにマフィアのボスを演じたジャック・ニコルソンも、すごい迫力でした。><恋愛小説家(1997) で魅せたキュートな雰囲気も魅力的だったけれど、やっぱりワルが似合う!(笑)

残念だったのは、映画に華を添える存在でもあった女医(精神科医)のヴェラ・ファーミガが、ちょっと微妙な感じで、この映画の雰囲気を壊しているような気がしてならなかったこと。

有能で能力の高い警察官として選ばれている2人(レオナルド・ディカプリオ マット・デイモン)を中心として、ストーリーが展開するんですが…。「有能で能力の高い」=「頭の切れる人(頭のいい人)」という設定の割には、知能を戦わせる場面が少なくて、バイオレンス要素満載だったことです。頭がいいわけではなく、本当に「切れてる(キレてる)!」って感じる点、多々アリでした。(苦笑)

でも、「観てよかったな。」と最後に思える映画だと思います☆
 
comments(3) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS

えりー : 2007/03/17 10:41 AM
おおお、本格的な分析ですね!
あたしもディパーテッド見ました♪
ほんと今まではマットデーモン派だったのに、
レオの鬼気せまる演技に思わず感動しちゃいましたね(uωu)ウンウン☆

原作あたしも見ま〜す♪♪
さあべるたいが。 : 2007/02/07 5:52 PM
オリジナルのインファナルアフェアですが、本当に知能戦がメインです。

映画宣伝みた感じでは、アンディラウ=デカプリオ、トニーレオン=マットデーモンだと思います。

オリジナルでも、心理女医さんは、影の薄いキャラクターでしたよ(笑)
Tプロ : 2007/02/03 4:31 AM
オリジナル見てないっすか。

ぜひ、見てください。
俺は、めちゃめちゃはまりました。

ディパーテッド非常に気になりますが
DVD待ちです。





TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/250