大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、マンボ!マンボ!マンボ!の感想 : 映画、皇帝ペンギンの感想 >>

映画、シャインの感想

映画シャイン感想 ★★★★★

○出演: ジェフリー・ラッシュ ノア・テイラー
○監督: スコット・ヒックス

オーストラリア出身の天才ピアニスト、デヴィッド・ヘルフゴットの半生を描いた映画です。

一流のピアニストになるために、幼い頃からピアノの練習を積み重ねたデヴィッド・ヘルフゴット。ピアノのコンクールで、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲第3番」という難曲に挑戦。デヴィッド・ヘルフゴットは、拍手喝采を浴び、大成功!ピアニストとしての最初の一歩を踏み出しますが…。

彼は、過酷なレッスン、度重なるストレスと緊張などから、精神異常をきたしてしまいます。それでも、一生懸命に自分の人生を生き抜いていく彼。

その姿には、本当に感動させられます。涙なしではみることができないと思います。心がモヤモヤしていたり、思いっきり泣いてストレス発散したいときなどに観たい映画ですね☆
 
comments(1) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS

ユッコ : 2007/04/20 5:06 AM
初めてコメントします。

シャインはかれこれ10年くらい前に留学先のドイツで観ました。あまりにも感動して2回、映画館へ行ったのを覚えています。
この職業はストレスと追い詰められていく危機感と背中合わせなので、精神異常をきたした主人公の人生が人事じゃなかったです。

原作の本もなかなかよいですよ。





TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/132