大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

<< 映画、ニューヨークの恋人の感想 : 映画、エビータの感想 >>

映画、チャーリーとチョコレート工場の感想

映画チャーリーとチョコレート工場感想 ★★★☆☆

○出演: ダニー・エルフマン ジョニー・デップ
○監督: ティム・バートン

わたしは、ティム・バートン監督も、ジョニー・デップも大好き♪だから、期待して映画に観に行ったんですが…。

正直、『う〜ん。。。』って感じでした。

ストーリーは、ジョニー・デップ演じるウォンカ氏という、ちょっと変わり者の男性が経営するチョコレート工場に、世界中で5人の子供たちだけが招待されるというところからはじまります。

『幸運のチケットが誰に当たるか?』というところまでは、ドキドキ☆チケットが当選した子供の1人、天才子役のフレディー・ハイモアの演技が光ります☆

でも、工場の中に招待されてからは、単調で飽きてきた感が否めなかったかな〜。。。わたしが、1番耐えられなかったのは、「ウンパ・ルンパ」という小さな人々の踊りと歌です。><;

覚えたくなくても、すぐに覚えられるフレーズ〜♪♪♪…(@□@;)

わたしは、映画を観終わって数日経っても、仕事中・寝る前などに、「ウンパ・ルンパ音楽」が頭の中をグルグル回って、気が滅入りそうでした。(=▽=)

それと、チャーリーとチョコレート工場は、ロアルド・ダール原作のチョコレート工場の秘密という本の映画なんですが…。



…ウォンカ氏の幼少期の出来事、父親との仲違いの話は、無理矢理ねじこみましたな。。(苦笑)※本は読みやすくて、いいですよっ☆

でも、観て良かった点もあります♪それは、工場内のキレイなセット。色彩が溢れていて、魅力的です。想像力を豊かにすると、こんなキレイな映像がつくり出せるものなんだな〜、と感心しました☆

ちなみに、わたしが1番好きなティム・バートン×ジョニー・デップ映画は、シザーハンズです☆古くなっても、良い映画は、やっぱり良い映画です。
 
comments(1) : trackbacks(0)

スポンサーサイト

 
- : -

COMMENTS

エンタメ@BlogRanking : 2006/10/02 5:04 PM
とつぜんのコメント、失礼致します。

ランキングのご案内
「エンタメ@BlogRanking」にご参加致しませんか?
http://blog.on.arena.ne.jp/

現在以下のカテゴリーをご用意しております。
「エンタメ全般」「芸能」「ジャニーズ」「お笑い」「音楽」「映画」
「TV・ラジオ」「漫画・アニメ」「本・雑誌」「スポーツ」「ゲーム」「ギャンブル」

更新Ping、トラックバックPingによる最新記事反映にも対応しております。
一度ご来場の上、ご参加を検討して頂ければ幸いです。

勝手なご案内、大変失礼致しました。読んだ後は削除して頂きたく存じます。
重複しないよう細心の注意を払っておりますが今後このような
コメントが迷惑な場合、お手数ですが下記URLからURLをご入力下さい。
http://blog.on.arena.ne.jp/cgi-bin/no_comment.cgi

末筆ではありますが、貴ブログの更なるご発展をお祈り申上げます。





TRACKBACK

TB URL >> http://gaikokueiga.jugem.jp/trackback/121