大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

映画、ミラーズの感想

映画ミラーズ感想

○出演:キーファー・サザーランド、ポーラ・パットン、エイミー・スマート
○監督:アレクサンドル・アジャ
○制作年:2008年
○制作国:アメリカ
○配給:20世紀フォックス映画

中京テレビ特別試写会の「ミラーズ」が当選したので、観に行ってきました〜♪^^

3500名ほどの応募者があった中、約300〜400名ほどが試写会会場を訪れたとかで、喜びもひとしお。

♪ワーイ♪ワーイ♪\(▽ ̄\( ̄▽ ̄)/ ̄▽)/♪ワーイ♪ワーイ♪
…なんて、“当選の喜び”を一人ニンマリ味わっていましたが…。

映画がはじまった途端、『キェ〜ッ!!グロいー!怖いー!((((((゚〇゚;)
』とアワアワしてしまい、当選したほんわかハッピーモードは吹っ飛びました。

ミラーズは、5年前に大火災で焼けた建物の中にある[巨大な鏡]が秘めている“ある謎”を、主役を演じるキーファー・サザーランドが、恐怖と対峙しながら解いていくホラー(ミステリー)映画なんですが…。

やたら怖かったです。

わたしは、ジェットコースターの怖さはへっちゃらなんですが、お化け屋敷系の怖さにダメージを受けるタイプなので、ホント、やばかったです。−−;

薄暗い崩壊した建物のシーンになる度に、『来るゾ!来るゾ!身構えなきゃ!』と、イヤ〜な汗をかき…。

人が死ぬシーンや血液を見ては、『オェー。気持ち悪い。もうダメ…。(゚◇゚)』と、血の気が引く思いでした…。

いや〜、わたしは元看護師なんですけれどね。血、ダメです。無理です。見せないでください!!!(願)って感じです。il||li _|〜|○ il||liへなへな〜。。。

あまりの怖さに画面を観続けるのがしんどくなってきた時、“チラッ”と相方を見たらば…。
相方は、画面を瞬きもせずに凝視していらっしゃいました。=w=;…怖くないんかい?
 ・
 ・
 ・
でも、映画が終わってみれば、気持ちに余裕も持てるわけで…。

少々落ち着いたところで、ストーリーを振り返ってみると、ストーリー的にはシンプルで、それほど深みがないことに気付く感じでしたね。^^;

『あれ?ナンデ、わたしは、あんなにビビリまくりだったんでしょうか?』てな疑問すら感じてしまうほど。

『いや〜、わたしもいい年したオトナですから♪ホラー映画くらいじゃ打撃を受けなくなったざんすヨ!ぜんっぜん怖くないっすよ!ヾ(  ̄▽)ゞ』なんて、相方とお別れしてからは自分に言い聞かせて景気づけていましたが。(←この時点でオトナ気ないったらありゃしない。。。)

メイク落としの際、怖くて[鏡]が見れませんでした。( ̄▽ ̄)

『ま、朝になったら、怖さもなくなってるさ。チッ。』とか思いながら、なかなか寝付けない夜を過ごさせていただきました。(凹)

朝起きて、マスカラが取れていない自分の顔をみて、別の意味で怖くてビックリしましたけど…。

<結論>アタシは、何歳になろうと、ホラーは怖いへなちょこ
 
comments(5) : trackbacks(0)

映画、ダークナイトの感想

映画ダークナイト感想

○出演:クリスチャン・ベール マイケル・ケイン ヒース・レジャー ゲイリー・オールドマン アーロン・エッカート マギー・ギレンホール モーガン・フリーマン
○監督:クリストファー・ノーラン
○前作:バットマンビギンズ
○制作年:2008年
○制作国:アメリカ
○配給:ワーナー・ブラザース映画
○上映時間:152分


早く観たくて仕方がなかった映画ダークナイトをやっと観に行きました〜☆><

ダークナイトは、ヒースレジャーの遺作となった作品でもあり、“ジョーカー(バットマンに登場する悪役)”を演じたヒースレジャーの演技が凄すぎる…という前情報あって、とても気になっていた映画です。

わたしは最初から最後まで、目が離せないくらい映画の世界に引き込まれ、鳥肌が立つほど…。あっという間の152分間でした。

バットマン”と言えば、“スパイダーマン”など“ヒーローもの”と同列にみていましたが、“ダークナイト”は単純なヒーローものとは言い難いし、アメリカン・コミックスの域を超えた大作だと感じました。

ダークナイトでは、正義が勝ち、世の中が平和に保たれるためには多大な犠牲を伴うという“ダーク(暗い)な側面”がとてもリアルに描かれています。

心が恐怖に縛られそうになる環境の中で、必死に希望を見い出そうとする人の姿は感動したし、“ジョーカー”の罠にはまって、悪の道へと転落する人の姿は、震えがくるほど怖かったです。

重くて、深くて、とても一言では感想を述べられないほど、感情を揺さぶられる奥深い映画でした。観た後、しばらく気持ちが沈みこみましたが、映画館で観てよかったなと思いました☆
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、ワン・ミス・コール(one missed call)の感想

映画ワン・ミス・コールone missed call)の感想

○出演:シャニン・ソサモン エド・バーンズ アズーラ・スカイ アナ・クラウディア・タランコン レイ・ワイズ デーブ・スペクター
○監督: エリック・ヴァレット
○原作: 秋元康着信アリ」(角川ホラー文庫)
○製作年:2008年
○製作国:アメリカ
○配給:カドカワ・ピクチャーズUSA
○上映時間:1時間28分


映画ワン・ミス・コールone missed call)の試写会当選したので、観に行ってきました〜☆^^

わたしは、「着信アリ」を観ていないので比較はできないのですが、最初は、不気味な映像と、突然響き渡る音響によって、『ひ、ひぃぃぃ〜っ。。。どうしよう、最後まで観ていられなかったら↓。』と、ビビりました。

…でも、年のせいですかね?…ホラー映画を観ると、数日間ほど後遺症が残って、怖くて眠れなくなっていた10代の頃とは違ってすぐに慣れてしまい、途中くらいからは驚かなくなりました。フフ…。( ̄∇ ̄;)

“恐怖”というものに心が縛られないと、ストーリーのアラが見えてきてしまうもののようで、人物や人間関係の描写が曖昧だったり、話の展開が途切れていたりして、少々面白みに欠けていると感じました。

もしかしたら、『着信アリ』の方が怖いかもしれませんね〜。“怨念”のような描写は、邦画の方が絶対にうまいじゃないかって思います。

アメリカのホラー映画は、“明朗会計”のように、分かりやすい単純さありますが、日本のホラー映画は、ジワジワと心理的に追い詰められるような怖さがありますね。(ちなみに、わたしは、日本独特なゾワゾワ〜ッとするホラー映画が超苦手デス!(涙))

両方ご覧になった方は、是非どちらが怖かったか教えてくださいネ☆^^
 
comments(3) : trackbacks(0)

映画、ミスト(THE MIST)の感想

映画ミストTHE MIST)の感想 ★★★★★
○出演:トーマス・ジェーン マーシャ・ゲイ・ハーデン ローリー・ホールデン アンドレ・ブラウアー トビー・ジョーンズ ネイサン・ギャンブル
○監督:フランク・ダラボン


映画ミストTHE MIST)の試写会チケットが当選したので、観に行って来ました〜♪

今回の試写会は【1名様限定】。わたしは、ホラー映画が苦手なので、1人でドキドキしながら行ったんですが…。

すごい衝撃的な映画でした〜!!><
久しぶりに、最後までドキドキして目が話せななくなりました。

観に行く予定のある方たちのドキドキ感を奪いたくないので、詳しいストーリーはお話しませんが。(笑)

ミストTHE MIST)の真の見どころは、“綿密に描かれた人物描写”だと思います。

恐怖とパニックにかられたとき、人々はどんな姿になるのか…?

本性を露(あらわ)にした人間の恐ろしさ、宗教で人々を扇動(せんどう)する人&される人、そして衝撃的なラスト。

スティーブン・キング氏の原作とは“ラスト”が違うようですが、“苦しみながら下した、最後の決断の結果”に思わず鳥肌が立ちそうでした。

スティーブン・キング氏も、「小説を書いていたときに、このラストを思いついていたら、書いていただろう。」と言ったとか。

「ショーシャンクの空に」も最高だったけれど、フランク・ダラボン監督、いいわ〜っ♪♪^^
 
comments(1) : trackbacks(0)

映画、インベーションの感想

映画インベーション感想 ★★★☆☆

○出演:ニコール・キッドマン ダニエル・クレイグ
○監督:オリバー・ヒンシュビーゲル

映画インベーション試写会を観てきました☆(2007年10月20日公開予定)


インベーションは、人々が未知のウイルスに次々と感染して、“自分が自分ではなくなっていく”という恐ろしい出来事が起こっていくお話。

主演のニコール・キッドマンは、そのような恐ろしい事態が起きても、自分と子供を守るために、最後まであきらめずに戦う、美しい“精神科医”兼“母親”を演じています。

インベーションは、リメイク映画ですが、USではあまりヒットしなかったとか…。

確かに、ストーリーは恐ろしい(気持ち悪い)割に、単調で味気がないというか、現実味が薄いというか、訴えるものが少ないような気がしました。^^;(あら、批判し過ぎかな?(汗))

でも、主演のニコール・キッドマンの“美しさ”のおかげで、ストーリー云々は、どうでもいい気分になりましたね♪…というか、目の保養になりました♪

ニコール・キッドマンの大人の落ち着いた女性の美しさに癒されたので、ストーリーは微妙だったけれど、「★3つ」って感じです。映画館に観に行くのであれば、“1000円デー”に訪れた方がいいと思います。
 
comments(2) : trackbacks(0)

映画、アザーズの感想

映画アザーズ感想 ★★★★☆

○出演: ニコール・キッドマン フィオヌラ・フラナガン
○監督: アレハンドロ・アメナーバル

かなり好きなタイプのホラー映画です。わたしは、暴力的で残酷な映像、気持ち悪い映像で恐怖を引き起こそうとするホラー映画があまり好きではありません。(苦手と言った方が正しいかな…。^^;残像が目に焼きついて、眠れなくなっちゃうんです↓)

アザーズは、そういった類の映像がありません。でも、静かに繊細な雰囲気ではじまったお話が、「何で?」「何で?」という疑問を抱かせ、グイグイと、結末の見えない不安感、恐怖感を引き起こします。

そして、「あっ!」と言わせる衝撃なラスト!!

わたしは、あまりにも意外なラストに、理解するまで数秒時間を要しましたが…。(苦笑)理解したときに、“ゾクゾクゾク〜!!”と鳥肌が立ちました。

「これぞ、完成されたホラー映画ではないだろうか?」と思わせる見応えのある1本です☆
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、ドラキュラの感想

映画ドラキュラ感想 ★★★★★

○出演: ゲイリー・オールドマン ウィノナ・ライダー
○監督: フランシス・F・コッポラ

フランシス・F・コッポラ監督は、子供の頃から、ドラキュラファンだったそうですが、ファンであったからこそ、こんな素晴らしい映画をつくることができたんだろうな。この作品に込められた、熱意というか、情熱を感じます。

ホラー映画にカテゴライズされるドラキュラですが、これは単なるホラー映画ではありませんね。壮大な、美しくて悲しいラブ&ロマンス映画だと思います。

ちなみに、この映画では、日本人デザイナーの石岡瑛子さんが、豪華衣装のデザインを担当している点も、同じ日本人として注目したいところですね☆本当に素晴らしい衣装の数々です。

でも、石岡瑛子さんは、この映画のお仕事後、「ウィノナ・ライダーさんとは、今後お仕事したくない。」というような発言をしたとか。ウィノナ・ライダーさんは、日本嫌い(日本人嫌い)という噂もある女優さん。

本当に完成度の高い映画ですが、舞台裏はいろいろと大変だったのかもしれませんね。^^;
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、ザ・セルの感想

映画ザ・セル感想 ★★☆☆☆

○出演: ジェニファー・ロペス ヴィンス・ヴォーン
○監督: ターセム

心理学者のキャサリン(ジェニファー・ロペス)が、最先端の技術を使って、連続殺人犯の意識内(心)に入り込み、犯罪現場をさぐって、事件解決を試みていくお話です。

「人の意識内(心)で起きる出来事を、映像で表現。」
なかなか面白い切り口で描いた映画だと思いますが、犯罪心理を表現した映像など。グロい(気持ち悪い)シーンもあったりして、1日食欲が落ちました。(苦笑)気持ち悪い映像が苦手な方や、食前には観るのは避けたほうがいいかもしれません。。^^;

でも、不思議な色彩&デザインに溢れた衣装を、日本人デザイナーの石岡瑛子さんが、担当しているので、一見の価値はあるかも!?
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、アイ ロボットの感想

映画アイ ロボット感想 ★★★☆☆

○出演:ウィル・スミス ブリジット・モイナハン
○監督:アレックス・プロヤス

「ヒマつぶしに観て行こうか。」と、何の期待感もなく、映画で観た映画です。(^^;

でも、予想に反して、なかなか&まぁまぁ良かったです♪人間が開発したロボット。どんどん性能が良くなり、ロボットなのに、自分の“感情”を持ち、自分の意志で動くようになっていくお話。

ココは、『あり得な〜い!!』などと、変な先入観を持って否定しないで、『もしも、そんなロボットが実在するようになったら!?』と想像力を膨らませて観たほうが、楽しめると思います。

『架空の話ダネ!』と、冷めた感情を持たずに観ることができれば、最後は結構感動的。後味の良い映画です♪SF系が好きな男性が好みそうな映画かな♪
 
comments(0) : trackbacks(0)

  1/1P