大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

映画、ウォンテッドの感想

映画ウォンテッド感想

○出演:ジェームズ・マカヴォイ アンジェリーナ・ジョリー モーガン・フリーマン
○監督:ティムール・ベクマンベトフ
○制作年:2008年
○制作国:アメリカ
○配給:ユニバーサル・ピクチャーズ
○上映時間:110分


映画ウォンテッドを観に行きました☆

アンジェリーナ・ジョリーが出演しているし、モーガン・フリーマンが出演している作品は、結構ストーリーに深みがあって好きなものが多いので期待して観ましたが…。

アヒャヒャ!?(汗)
映画ウォンテッドは、ストーリーは置いておいて、とにかく激しいアクションを楽しんで!…って感じの内容でした。ヽ( ´ー`)ノ

だから、『ストーリーはグッとこなくてもOKだから、激しいアクションを観て、ビジュアル的に楽しみたい♪』っていう気分のときに観ると楽しめると思います♪

それにしても、アンジェリーナ・ジョリーの“細さ”にビックリしました。セクスィーでかっこいいですけれどね。随分痩せている感じがするなぁ…って思いました。
 
comments(1) : trackbacks(0)

映画、アイアンマンの感想

映画アイアンマン感想

○出演:ロバート・ダウニー・Jr テレンス・ハワード グウィネス・パルトロー ジェフ・ブリッジス サミュエル・L・ジャクソン ショーン・トーブ
○監督:ジョン・ファブロー
○制作年:2008年
○制作国:アメリカ


映画アイアンマン試写会当選したので、観に行ってきました♪^^

出産後のグウィネス・パルトローは、「育児に時間をあてたい」との事で映画の出演を控えていましたが…。アイアンマンは、ロバート・ダウニー・Jrが出演するので「共演したい」と思い、出演を決めたそうです。

アイアンマンは、武器商人であるCEO(ロバート・ダウニー・Jr)が、あるときテロリストの人質になってしまい、脱出するために“アイアンスーツ”を作り出すんですが、その経験を通して本当の正義に目覚め、自分のすべき事に挑戦していくお話です☆

前半に“アイアンマンの誕生のきっかけ”が詳しく描かれていたので、中盤以降、まるでアニメ(ガンダム)の世界のようなビュンビュン飛びまくるアイアンマンにも特別違和感を感じることもなく、面白いな〜♪と素直に楽しめました。

子供の頃、ガンダムが大好きだった相方は目を輝かせて映画を観ていましたが(笑)、ガンダムのことを詳しく知らない女性のわたしが観ても、楽しい映画でした!^^

出産後とは思えないスリムなグウィネス・パルトローも要チェックな映画ですヨ☆
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、スピード・レーサーの感想

映画スピード・レーサー感想

○出演:エミール・ハーシュスーザン・サランドンジョン・グッドマンクリスティーナ・リッチ、マシュー・フォックス、ロジャー・アラム、真田広之、ピ(Rain)ほか
○監督:ウォシャウスキー兄弟
○製作年:2008年
○製作国:アメリカ
○配給:ワーナー・ブラザース映画


映画スピード・レーサー試写会を観てきました〜☆久しぶりの試写会当選!う、うれしいっ♪><

スピード・レーサーは、タツノコプロのアニメ「マッハGOGOGO」の実写版なんだそう。わたしは「マッハGOGOGO」を知らなかったので、リメイクといった意識なく映画を楽しみました♪

ストーリは、正義感あふれる主人公たちが、レースを通して最後には悪者をやっつける…という、いたって単純なものなんですが、とってもカラフルでスピード感あふれる映像は、アニメのような、SFのような仕上がりになっていて、結構楽しむことができました。


女性にとっては、出演女優さんたちのバッチリ×ケバケバメイクも参考になるのではないでしょうか?^^インテリアやファッションのハデさ加減とバランスを取ろうとすると、こういう厚化粧の方が逆にしっくりくるもんなのねぇ…と、勉強になりました☆><
 
comments(5) : trackbacks(0)

映画、ボーン・アルティメイタムの感想

映画ボーン・アルティメイタム感想 ★★★★☆
○出演:マット・デイモン ジュリア・スタイルズ デヴィッド・ストラザーン スコット・グレン アルバート・フィニー ジョアン・アレン
○監督:ポール・グリーングラス


楽天ショップのプレゼント企画で、ボーン・アルティメイタム映画チケットが当選したので、観に行ってきました☆><

わたしは、1作2作目を観ていなかったので、ちょっと話についていけないところがあったように思いましたが(汗)、それでも、すごくスリルがあって面白かったです!!

究極の暗殺者を育てるための政府の極秘計画(トレッドストーン計画)によって生み出された最強の殺人マシーン、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)。しかし、トレッドストーン計画そのものが中止になった時から、ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)は邪魔者となり、殺す側から殺し屋に狙われる立場になってしまうお話です。

ボーン・アルティメイタムは、はじまりからスリル満点で、ハラハラ×ドキドキ!!

モスクワにはじまり、ニューヨーク、マドリッド、タンジールなどなど。ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)が出没する場所もクルクル変わり、飽きないです♪

ただ、カメラのブレが酷い。(@ @)わざと映像効果を狙った撮影方法なんでしょうが、酔います。。。(苦笑)

ちなみに、一緒に映画を観に行った男性は、途中で2度、一時退出しました。><;映画を観終わって、映画館の外に出たら顔が真っ青になっていたのでビックリ!(・▽・;)

「面白かったけれど、熱くなってくるし、気持ち悪いし、大変だった〜。(ヘロヘロ)」と言っていました。(笑)

DVDが出る頃には、“酔った感覚”も忘れているでしょうから、今度は3部続けて観たいなって思います☆^^
 
comments(5) : trackbacks(0)

映画、ローグアサシンの感想

映画ローグアサシン感想 ★★★☆☆

○出演:ジェット・リー ジェイスン・ステイサム ジョン・ローン デヴォン青木 ルイス・ガスマン 石橋凌 ケイン・コスギ
○監督:フィリップ・G・アトウェル

映画ローグアサシン試写会を観てきました☆(2007年10月6日より公開予定)

ローグアサシンは、はじめからジェット・リーを想定して、脚本が書かれたそうです。通常、想定した通りにキャストが決まることはあまりないそうなのですが、ジェット・リーは、脚本をみてすぐに出演を決めたとか。

ストーリーは、ラストに『えっ!?』と驚かされる展開になっていますが、“登場人物”と“登場人物同士の関係・面子(メンツ)”などが複雑に絡み合っているので、一瞬で理解しづらく、鳥肌が“ゾクッ”とするようなスリル感がなかったのが残念。

また、変な日本語と、変な日本が随所に描かれ過ぎていた点もイマイチでした。=w=;
かっこ悪くて、観ている方が冷汗かいちゃいそうな感じだったので、映画の世界に没頭できませんでしたね〜↓。

ファッションモデルのデヴォン青木が出演していたり、男性陣もスーツ姿がビシッと決まっているシーンが多かったので、目の保養になったところがよかったかな♪^^
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、TAXi4の感想

映画TAXi4感想 ★★☆☆☆

○監督: ジェラール・クラヴジック
○主演: サミー・ナセリ フレデリック・ディファンタール ベルナール・ファルシー エマ・シェーベルイ=ヴィークルンド エドュアルド・モントート ジャン=クリストフ・ブヴェ

映画TAXi4試写会を観てきました。(2007年8月25日公開予定)TAXiと言えば、車好きの人以外をも魅了するカーアクションが見どころの映画

「大画面で、気分が“スカッ”とするほどの爽快なプジョーの走りっぷりが見れるゾ〜♪」と期待して行きましたが、正直ガッカリ…。ーー;

プジョー407が颯爽と走るカーアクションのシーンはほとんどなく、無理矢理“笑い”を取ろうとしているような、コメディシーンのオンパレードでした。(わたしは、不自然なストーリーと不自然な登場人物たちの言動にイライラして、ほとんど笑えなかったから、コメディとしても最悪かも…。(苦笑))

わたしは、いわゆる“B級映画”と呼ばれる映画にも、独特の魅力があって輝いている作品が数多くあると思っています。でも、TAXi4は、好きになれない“B級映画”でしたね。

観終わった後、「あ〜、お金払ってないから、まだヨカッタよ〜。」って思ったな。^^;時間が勿体なかったけれど!(爆)
 
comments(3) : -

映画、ザ・シューター 極大射程の感想

映画ザ・シューター 極大射程感想

○出演:マーク・ウォールバーク マイケル・ベーニャ ダニー・クローバー ケイト・マーラ
○監督:アントワーン・フークワ

2007年6月1日から公開される映画、ザ・シューター 極大射程を観て来ました♪ザ・シューター 極大射程は、海外部門第1位になったベストセラー小説を映画化した作品です。

わたしは、銃撃戦のシーンを含む映画があまり好きではありません。だから、シューター(狙撃手)の話はあまり楽しめないかな…と思っていましたが、予想外にすごく面白かったです!!

下手なアクション映画だと、アクションシーンだけがやたら浮いているように感じることがありますが、ザ・シューター 極大射程は、しっかりとしたミステリー(サスペンス)の土台の上にアクションが自然に馴染んでいて、最初から最後まで、ワクワク&ドキドキ楽しむことができました。

映画が見終わる頃には、主役のマーク・ウォールバークがめちゃくちゃかっこよく見えましたね〜。彼の名前はバッチリ覚えましたネ♪(*^^*)

華を添える存在でもあったケイト・マーラの美しさにもうっとりでしたが…。彼女の演技力は、どうなんでしょ??14歳頃から活躍しているようですが、あまり演技が上手ではないように感じました。彼女が出る度に、現実に引き戻されるような感じがしちゃったかな。><;

でも、トータルでは、「久しぶりに、いい映画だったな〜♪お金を払って観てもいい映画だったな^^」と大満足☆ザ・シューター 極大射程は、迫力のある大画面で観るのがオススメな映画です☆
 
comments(0) : -

映画、プロジェクトBBの感想

映画プロジェクトBB感想 ★★★★★

○出演:ジャッキー・チェン ユン・ピョウ マイケル・ホイ ルイス・クー カオ・ユェンユェン シャーリーン・チョイ

○監督:ベニー・チャン

プロジェクトBBの試写会を観てきました〜!(2007年4月7日公開)

わたしは、今までジャッキー・チェンがあまり好きではありませんでした。(ジャッキー・チェンファンの方、ごめんなさいっ。)

スピード感があって面白いのだけれど、笑いを取るための“わざとらしさ”が好きになれなくて、妙に冷めた気持ちで、映画を観ていたことが多かったような気がします。~~;

でも、今回のプロジェクトBBで、ジャッキー・チェンの魅力にハマってしまったカモ…。><

『何でだろう?』と映画を観終わった後に、プロジェクトBBの宣伝広告を読み直したら…。

プロジェクトBBは、ジャッキー・チェンにとって、はじめての“悪役”に挑んだアクション・コメディだったんですね〜☆

わたしは、自分では、ワル(悪い男)が好きなタイプだとは思っていませんが…。(笑)今回の悪役に挑戦したジャッキー・チェンは、いままでよりも人間味があって、なんだか共感するところが多かったような気がします。

思わず笑ってしまうシーンも散りばめられていて、会場が何度も笑いに包まれました。さらに、笑いだけでは終わらないところ、心が“じ〜〜〜ん”としてしまうシーンもあって、とっても良かったです!

通常、試写会は、女性の人数がすごく多いのですが、プロジェクトBBは、男性も結構多かったです。でも、女性が観ても面白いので、カップルでデートで観るのにGOODかもしれませんよ☆


 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、レオンの感想

映画レオン感想 ★★★★★

○出演: ジャン・レノ ナタリー・ポートマン
○監督: リュック・ベッソン

【レオン】を最初に観たのは、高校生のとき。学校の行事で観ましたが、最初から最後まで、食いつくように観た記憶があります。(笑)

“殺し屋”(ジャン・レノ)と“親を殺されたマチルダ”(ナタリー・ポートマン)との不思議な関係は、現実離れしていてリアリティに欠けてもおかしくないのに、どんどんストーリーに惹き込まれ、感情移入して、最後は涙が出そうになりました。

大人になってから(20歳を過ぎてから)も、何度か観ましたが、何度観ても、やっぱりすごく心に残る映画だと思います。

観る度に、
■「年齢差を越えて、心に共通の“何か”を求めている人たちって、惹かれ合うものだよな…。」と、人間関係の奥深さを感じたり。
■マチルダ(ナタリー・ポートマン)の魅力にウットリしたり。
■家庭を築いてから、悪役を演じなくなってしまったゲイリー・オールドマンのキレっぷりに感心したり。
■映像の魅力に感動したり。

いろんな意味で、完成度の高い映画だと思います☆
 
comments(1) : trackbacks(0)

  1/1P