大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

映画、レッスンの感想 / アントニオ・バンデラス

映画レッスンの感想  ★★★★☆
○出演:アントニオ・バンデラス アルフレ・ウッダード カティア・ヴァーシラス ロブ・ブラウン ローレン・コリンズ ヤヤ・ダコスタ ブランドン D.アンドリュース
○監督:リズ・フリードランダー


アントニオ・バンデラス主演の映画レッスン試写会を観てきました〜☆レッスンは、他人を信じられず、夢を見ることもできない子供たちに、社交ダンスを通して、人生に大切なものを伝えようとした感動物語です。

試写会に行ったことのある方はご存知だと思いますが、試写会は通常、開始前に主催会社のアナウンサーが、挨拶と簡単なストーリーをお話してくれるんです。(←コレが、本音はちょっとウザかったり。。(笑))

今回は通常のアナウンスに加え、ダンススクールの宣伝を兼ねて、ダンサーが、舞台上でワルツとタンゴを踊ってくれました♪^^

わたしは、前の方の席に座っていたので、間近で観ることができ、ちょっと感動♪♪アドレナリンが出たのか、少々眠かった目が“パチッ!”と開きましたね。(笑)

映画本編は、ベタなストーリーなので、最初からラストが読めます。><;さらに、ところどころ間延びしてダラける部分がありました。

でも、トータルでは、なかなかいい映画だったと思います☆o(^^)o

特に、アントニオ・バンデラスが、コンテスト常勝の女性“カティア・ヴァーシラス”と踊るシーンは、瞬きするのも勿体ないほどセクシーで、ドキドキしてしまいました。(*^^*)

わたしは、このワンシーンを観れただけでも、満足って感じでしたね〜。アントニオ・バンデラスが、本当にシーン全てを踊っているかは疑問ですが、たとえ踊っていなくても、魅惑的で最高でした☆

最後に、みなさんに質問です♪

みなさんは、アントニオ・バンデラスが好きですか?

わたしは、アントニオ・バンデラスの暑苦しい雰囲気が、あまり好きではなかったんですが、レッスンで演じるアントニオ・バンデラスは、イイ味出していました。

髪の生え際が少々淋しくなってきている感じがしましたが、年齢を重ねて、暑苦しさよりも、渋さ、落ち着き、優しさなどがジンワリ出てきてステキだなって思いましたよ☆
 
comments(3) : -

映画、セイブ・ザ・ラストダンスの感想

映画セイブ・ザ・ラストダンス感想 ★★★★★

○出演: ジュリア・スタイルズ ショーン・パトリック・トーマス
○監督: トーマス・カーター

バレエダンサーを夢見る主人公サラ(ジュリア・スタイルズ)は、夢をかなえるためにジュリアード音楽院のオーディションを受けようとします。しかし、オーディションの日、会場に向かっていた彼女の母が交通事故で亡くなってしまい、一旦は夢をあきらめそうになりますが…。でも、新たな出会いが彼女を強くたくましくしていくお話。

夢に向かってがんばっているときに、起きたアクシデント。挫折から這い上がって、最後には成功をつかむストーリー展開は、ベタだけれど…。それでも、この映画は魅力的☆本当に元気が出てきます。

ジュリア・スタイルズのダンスシーンは、要部分はプロダンサーの吹き替えになっているそうですが…。わたしは、全然気がつきませんでした。(^^;めちゃめちゃかっこいいダンスシーン、わたしは何度も観てしまいましたよ〜。(笑)

ジュリア・スタイルズは、日本ではあまり知られていませんが、アメリカでは人気の女優さんです。わたしは、最初観たとき、「キルスティン・ダンストに似た雰囲気だなぁ…。」なんて思いましたが。キルスティン・ダンストもアメリカでは大人気。

アメリカ人の友達曰く、「アメリカでは、ジュリア・スタイルズキルスティン・ダンストのような顔立ちは、正統派美人にはいる。」そうですよ☆
 
comments(0) : trackbacks(0)

  1/1P