大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

映画、崖の上のポニョの感想

映画崖の上のポニョ感想

○原作・脚本・監督:宮崎駿
○音楽:久石譲
○制作年:2008年
○制作国:日本
○配給:スタジオジブリ
○上映時間:101分


賛否両論、大きく意見が分かれている映画、崖の上のポニョを観ました☆

崖の上のポニョは、「少年と少女、愛と責任、海と生命。神経症と不安の時代に、宮崎駿がためらわずに描く、母と子の物語。」がテーマで、CGではなく手描きでつくられた作品だそうです。

ストーリーは、主人公の5歳の宗介が、ある日海で変わった金魚(人面魚)をみつけ、“ポニョ”と名づけてバケツに入れて持ち帰り、大切に育てるところからはじまります。

ポニョ”は宗介に出会い、宗介のことが好きになり、「人間になりたい」いう夢を持つんですが、果たしてその夢はかなうのか…?(観ていない方もいらっしゃると思うので、一応結末は伏せておきます。。。)

カラフルな海の世界が生き生きと描かれていて、「CGじゃないのにすごいなぁ…。」と感心しましたが、いまいち物語の中に惹きつけられない(物語が理解できない)モヤモヤ感を最初から最後まで、ずっと感じながら観続けました。=w=;

それぞれのキャラクター描写が曖昧だったり、5歳の宗介が母親のことを「リサ」と呼び捨てにしていたりするせいで、ますます物語が曖昧&奇妙になっているように感じました。^^;

「自由に想像して観てください」ということなのかもしれませんが、あまりにも想像しなければならない点が多すぎると、逆に“共感”や“感動”はしなくなるものですね。(笑)

ストーリーは、単純なハッピーエンドの物語のようで、いくつもの問題をはらんでいるように深読みできる点もたくさんあったし、あまりにも不可解な謎が多かったです。

カラフルで綺麗な絵と同時に、暗くて怖い絵もたくさん描かれていたので、「一体どういう意味なんだろう〜?」と、わたしは、不安と気持ち悪さを抱きました。><;

わたしは、スタジオジブリ映画では、「となりのトトロ」「天空のラピュタ」「魔女の宅急便」「風の谷のナウシカ」の4本が好きですね。
 
comments(4) : trackbacks(0)

映画、スカイ・クロラの感想

映画スカイ・クロラ(The Sky Crawlers)の感想

○声の出演:菊地凛子 加瀬亮 栗山千明 谷原章介
○監督:押井守
○原作:森博嗣
○製作年: 2008年
○製作国:日本
○配給:ワーナー・ブラザース映画
○上映時間:121分


映画スカイ・クロラ試写会当選しました☆

わたしは、“邦画”と“アニメーション”映画にあまり興味がない(疎い)のですが、せっかく試写会チケットをいただいたので、「いままで観なかった分野の映画も観て、視野が広がればいいな♪」って思い、行ってきました。

スカイ・クロラは、森博嗣原作の作品で、思春期の姿のまま永遠に行き続ける“キルドレ”と呼ばれる子供たちが、戦闘機に乗って戦う物語。

“謎”が多いまま物語が進行していくので、意味が分からず頭の中をいっぱい「?」が飛び交いました。(笑)

“実写”と“アニメーション”を組み合わせた映像はなかなか面白くて、『へぇ〜?これって、どうやってつくるのかな♪』と楽しめましたが、いまいちストーリー入り込めなかったわたし。(汗)

普段、映画の最中に時計を見ることはないんですが、『もうそろそろ終わりかなぁ?』と、こっそり時計をみたら、まだ上映開始から1時間も経っていなくてビックリ!(・ ・)…なんだか、とても長く感じる映画でした。^^;

でも、淡々とゆっくり進行していくストーリーの中にも、“キルドレ”たちの姿を通して、「生きる意味」や「生きる価値」を考えることの大切さは伝わってくる映画でしたネ☆^^

…それにしても、ヘビースモーカーだった“キルドレ”たちが印象的。

『タバコを吸うシーンをカウントしておけばよかった!(それほど退屈だったという意味ではアリマセン。。。)』って思うくらい、タバコに火をつけるシーン。…タバコをくわえるシーン。…タバコを吸うシーンが、何度も繰り返し映し出されて、目に焼きつくようでした。><;

おヒマな方、カウントしてみてください。(笑)
 
comments(0) : trackbacks(0)

  1/1P