大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

映画、ノッティングヒルの恋人の感想

映画ノッティングヒルの恋人感想 ★★☆☆☆

○出演: ジュリア・ロバーツ ヒュー・グラント
○監督: ロジャー・ミッチェル

ノッティングヒルの恋人は、ラブ&ロマンス映画ジャンルの中で人気がありますよね〜。公開当時、アメリカでは全米至上最高のオープニング興行成績を記録したとか。

評価の高い映画なので、わたしのような人間が大胆発言するのも少々気が引けるんですが…。

わたしはノッティングヒルの恋人が好きではありません。><;

ノッティングヒルの恋人は、世界一有名で人気の女優アナ(ジュリア・ロバーツ)と、本屋さん(旅行書専門店)のウィリアム(ヒュー・グラント )が出会い、育った環境も、仕事も、何もかも異なる2人が恋に落ちるお話。

困難が待ち構えているであろう恋愛や、自分とは異なるタイプに惹かれて、燃えるのは分かるッ!!(*^^*)

でもね〜、ノッティングヒルの恋人の恋愛は、妄想恋愛というか、盲目状態恋愛というか、不幸になる恋愛のしかただよなぁ…って感じて、わたしは、ストーリーが進行するほどに、わたしはアンハッピーな気分になっていきました。=w=;

“恋愛のキレイな部分だけ”を抽出して、“ほんわか温かい気持ち”を味わいたいときにはピッタリかもしれません。

有り得ないくらい“偶然”が積み重なる“不自然な偶然”は、『あら、コメディかしら?』と、笑えて明るくなれますし♪フフ…。

でも、『恋愛上手になりたいな。』とか、『恋愛で悩んでいる!』というときに、こういうー薄いラブ&ロマンス映画を参考にして、マネしちゃいかん!…って感じがします。))失恋しちゃいますよー。たぶん。。。

…というわけで、わたし個人的な意見としては、“結局最後はうまくいかなくなる恋愛ノウハウ満載映画”だと思います。ププッ。あくまでも個人的な意見ですヨ!
 
comments(1) : trackbacks(0)

映画、地上5センチの恋心の感想

映画地上5センチの恋心感想
○出演:カトリーヌ・フロ アルベール・デュポンテル
○監督:エリック=エマニュエル・シュミット ★★★★☆(4.0〜4.5)


2008年3月1日より公開予定の地上5センチの恋心を観ました☆

地上5センチの恋心は、フランス映画界を代表する女優、カトリーヌ・フロ主演のラブ・コメディです。

カトリーヌ・フロ演じるヒロイン“オデット”は、日常の小さなことの中にも幸せや喜びをみつけて、前向きに生きる女性。

でも、彼女が前向きに生きられるようになったのは、あるロマンス作家の本のおかげでした。過去の彼女は、自殺を考えたこともあったようです。だから、彼女は、作家の本を愛し、作家に心から感謝して過ごしていました。

そんなオデットの目の前に、あるとき大好きな作家本人が現れて、ステキな恋をすることに…。

ハリウッド映画のような豪華さはないけれど、オシャレで粋な映画でした☆

オデット(カトリーヌ・フロ)は、決して若い女性ではないけれど、キュートで女性らしくて魅力的。「こんな風に年を重ねていけたらなぁ…。」っていうヒントがたくさんあると思います♪

ゴージャスではないけれど、独特なセンスを感じられるインテリアも、参考になる点がいっぱいでした。

大人が楽しめるラブ・コメディだと思います。
 
comments(3) : trackbacks(0)

映画、オータム・イン・ニューヨークの感想

映画オータム・イン・ニューヨーク感想 ★★★☆☆

○出演: リチャード・ギア ウィノナ・ライダー ○監督: ジョアン・チェン


オータム・イン・ニューヨークは、寒くなってきたいまの季節にちょうどピッタリな雰囲気の映画だと思います。

映画の舞台となっている秋(冬)のニューヨーク(セントラルパーク)は、それだけで絵になる景色で、ニューヨークを訪れたことのないわたしもウットリ♪(*^^*)

ストーリーは、病気の女性が最後の恋におちるお話なのですが、オータム・イン・ニューヨークが公開された当時のアメリカでは、

「病気の女性が、アイススケートをするなんて、あり得ない!」とか、
ウィノナ・ライダーは、病におかされているように見えなくて現実味がない。」などと、酷評された点もあったようです。

確かに現実味を帯びていないようなところもありましたが、ウィノナ・ライダーが幸せそうにキラキラと輝いているから、重いストーリーも、美しく仕上がっているような気がしました。

切なくて悲しいけれどロマンチックな、ラブロマンス映画を観たいときに、おすすめです☆
 
comments(4) : trackbacks(0)

映画、幸せのレシピの感想

映画幸せのレシピ感想 ★★★★☆
○出演:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ アーロン・エッカート アビゲイル・ブレスリン
○監督:スコット・ヒックス

映画幸せのレシピ試写会を観に行きました☆(2007年9月29日より公開予定)

ニューヨークの人気レストランで料理長を務めるカンペキ主義者のケイト(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)が、副料理長としてやって来たニック(アーロン・エッカート)と、突然一緒に住むことになった姪のゾーイ(アビゲイル・ブレスリン)の2人から影響を受けて、自分を変え、新しい幸せを掴んでいくお話。

キャサリン・ゼタ=ジョーンズは、「わたしは、料理が大の苦手なの。温めるだけの料理でも焦がしてしまったりするのよ。でも、夫(マイケル・ダグラス)がカンペキな料理をオーダーしてくれるからいいの。」というようなことを言っていたことがあるので、料理長の役を得たことに、ちょっとビックリしたわたしですが…。(笑)

さすが女優さんですね♪料理をつくるシーンはやっぱりなかったものの(出来上がった料理にソースをかけるシーンは何度もあった)、カンペキ主義者の料理長の役、かっこよかったです。^^

話の展開は読めてしまうところが多いですが、落ち着いて映像を楽しむことができ、観終わった後も、“ホッ”とするような、安心感のある映画でした☆
 
comments(10) : trackbacks(0)

映画、プロヴァンスの贈りものの感想

映画プロヴァンスの贈りもの感想 ★★★★★
○出演:ラッセル・クロウ アルバート・フィニー マリオン・コティヤール トム・ホランダー フレディ・ハイモア
○監督:リドリースコット

プロヴァンスの贈りもの試写会を観てきました☆「眠くなりそうなタッチの映画かな〜。」なんて思っていましたが、予想外に面白いシーンも多くて、良かったです。

ロマンチックなラブストーリーなのですが、ベタベタではなく、時折思わず“クスッ”と笑ってしまうコメディ要素も散りばめられていたので、わたしは、最後まで飽きずに楽しむことができました☆会場もときどき、小さな笑いに包まれていましたよ♪^^

穏やかな時間が流れていく“プロヴァンス”と対照的に、主人公(ラッセル・クロウ)が働くイギリスの“ロンドン”も描かれていましたが、“対照的な2つの土地”を映し出すことで、ストーリーも映像にもメリハリがつき、余計に“プロヴァンス”の魅力が引き出されていたような気がします。

プロヴァンスの贈りものは、プロヴァンス中央北部に位置するリュブロンにある実在のシャトー“ラ・カノルグ”で撮影されたそうですが、とっても美しい景色にうっとり☆「いつか訪れてみたいな〜。」って思いました。

観終わった後に、“穏やかな気持ちのすっきり感”をもたらす映画でしたね☆“魅力的な大人(を目指す)”のための“魅力的な映画”だと思います♪








 
comments(2) : -

映画、マンボ!マンボ!マンボ!の感想

映画マンボ!マンボ!マンボ感想 ★★★★☆
○出演:ケリー・ラッセル ウィリアム・アッシュ ブライアン・コックス テオ・フレイザー・スティール

○監督:ジョン・フォルト

冴えない題名(苦笑)に、『コレは、ハズレ映画かもしれないゾ。』と覚悟をして観たら、意外に良くて“ラッキ〜♪”と思った映画のひとつです。

わたしは、社交ダンスに詳しくありませんが、この映画を観て、『わたしもこんな風にかっこよく踊りたいな〜♪』とワクワクしました。

ダンスをしている人って、独特の輝きを持っていることが多いですよね。『一体何が輝きの元なんだろう?』とわたしなりに考えたのですが…。わたしは、ズバリ“姿勢”だと思うんです!

この映画の主人公の2人を観て、チェックしてみてください♪姿勢をピン!と伸ばしてダンスしている時。それ以外の時の数倍、キラキラ輝いているように見えますよっ☆ダンスは踊れなくても、ちょっと姿勢に気づかったら、明日から輝けるようになるかもしれないですね!^^

ストーリーは、ちょっと落ち込んで、“恋”も“夢”も手放しそうになったとき。ちょっと疲れていて、頭を使う映画を観たくないとき。(笑)そんなダルダルモードの時に、“ポケ〜ッ”と観たい感じかな♪
 
comments(2) : trackbacks(0)

映画、ホリディの感想

映画ホリディ感想 ★★★★☆

○出演:キャメロン・ディアス ケイト・ウィンスレット ジュード・ロウ ジャック・ブラック
○監督:ナンシー・メイヤーズ

人生に一度だけ、誰にでも運命の休暇がある

人生の最悪な状況から抜け出すために、ホームエクスチェンジに挑戦するアマンダ(キャメロン・ディアス)と、アイリス(ケイト・ウィンスレット)の2人。

ホームエクスチェンジは、住む環境の異なる者同士が、お互いの家、車、環境すべてを一定の期間、交換するバケーションの新しい形なんだそうですが、ご存知ですか?!

わたしは、映画ではじめて知ったんですが、これは、ある意味、旅行よりもドキドキ×ハラハラですね〜♪

ホームエクスチェンジ先で出会った人たちと触れ合い、素直な自分をみつけて、幸せを勝ち取っていく様子は、見ているだけで自分のことのようにワクワクしますよ☆

『プッ!><』と吹き出してしまいそうになる“笑い”も散りばめられていて、なかなか楽しめました。

キャメロン・ディアスケイト・ウィンスレットの“しぐさ”や、オシャレな“ファッション”。ゴージャスな“ハウス&インテリア”と、映像的にも見どころいっぱいなのも嬉しいですね♪心にビタミンがもらえるような映画でした☆

http://www.sonypictures.com/movies/theholiday/
 
comments(2) : trackbacks(0)

映画、魅せられての感想

映画魅せられて感想 ★★★☆☆

○出演: リブ・タイラー ジェレミー・アイアンズ
○監督: ベルナルド・ベルトルッチ

リブ・タイラーの美しさが、存分に引き出されている映画です。ストーリーは、「ちょっと、男性の視点で描かれたラブ&ロマンスだな〜。」と感じるところもありましたが、女性が観ても充分楽しめるかな♪

さらに、イタリア(トスカーナ)の素敵な風景。シンプルだけれど、ゆったりと流れる贅沢な時間。慌しい都会生活を送っている人にとっては、「うわ〜。こんなところで、癒されたい!」と、日頃の喧騒を忘れさせてくれるような映像も見どころです。

疲れたときに、ワイン片手にのんびりと楽しみたいような映画ですね♪
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、ウーマン・オン・トップの感想

映画ウーマン・オン・トップ感想 ★★★☆☆

○出演: ペネロペ・クルス ムリロ・ベニチオ
○監督: フィナ・トレス

綺麗なペネロペ・クルスをたっぷり楽しみたい方には、おすすめの映画です。ストーリー自体は、ちょっと退屈ですが、ペネロペ・クルスの変身姿に注目すると、結構楽しめますよ♪

最初、どこか冴えない女性のイザベラ(ペネロペ・クルス)ですが、メイクや髪型をはじめ、歩き方やしぐさが変化していくことで、まるで別人のように美しくなっていきます。

同じ女性として、見習うべきポイントが盛りだくさん☆美しくなるためのポイントを学ぶことができる点では、最高の映画かな♪
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、プリティ・ウーマンの感想

映画プリティ・ウーマン感想 ★★★★★

○出演: リチャード・ギア ジュリア・ロバーツ
○監督: ゲーリー・マーシャル

わたしは、個人的に リチャード・ギアも、ジュリア・ロバーツ も、あまり好きではありません。^^;でも、この映画では、そんな個人的な好みを忘れて、ワクワク×ドキドキ楽しめました☆

魅力的ではあるけれど、娼婦の雰囲気が抜け切らないヴィヴィアン(ジュリア・ロバーツ )。仕事で成功し地位はあるけれど、ちょっと心が冷たいクールなエドワード( リチャード・ギア)。そんな、欠点も持っている2人が、影響し合って、2人とももっと魅力的な人に変身し、ステキな人間関係を築いていくお話です。

「いい恋愛は、お互いを成長させる!」
女性が観ても、男性が観ても、とっても役立つことの多い映画ですね☆
 
comments(0) : trackbacks(0)

  1/2P  >>