大好きな外国映画

泣いたり、笑ったり、感動したり…。
映画は心を豊かにしてくれる。

オシャレなインテリアやライフスタイルに刺激をうけたり…。
映画は生活をステキに変えてくれると思います。

そんな大好きな外国映画、DVDについて書いています。



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 
- : -

映画、ワールド・オブ・ライズの感想

映画ワールド・オブ・ライズ感想

○出演:レオナルド・ディカプリオラッセル・クロウマーク・ストロング、ゴルシフテ・ファラハニ、オスカー・アイザック、サイモン・マクバーニー、アロン・アブトゥブール、アリ・スリマン
○監督:リドリー・スコット
○制作年:2008年
○制作国:アメリカ
○上映時間:2時間9分
○配給:ワーナー・ブラザース映画


映画ワールド・オブ・ライズを観てきました☆

ワールド・オブ・ライズは、中東(ヨルダン)に存在する爆破テロ組織を追跡するため、CIAの現地工作員フェリス(レオナルド・ディカプリオ)と、ボスのホフマン(ラッセル・クロウ)を中心に、腹のさぐりあいをしながら、爆破テロ組織のリーダーを追跡する話です。

最近よくみかけるこの手のテーマは、真新しさこそ感じませんでしたが、CIA(US)の最先端の情報機器を駆使した追跡と、最先端の情報機器に追われないために、人から人へと直接指示を伝えて動いていく中東のテロ組織のネットワークが、“対比的”であり、“リアル”でとても興味深かったです♪

ワールド・オブ・ライズの役作りのために28キロも体重を増やしたというラッセル・クロウは、「嫌なヤツ〜!(怒)」と心底思ってしまうほど、外見も演技も素晴らしく、危険と隣り合わせの現地工作員を演じたレオナルド・ディカプリオも適役だな〜って思いました。

でも、わたし的には、ワールド・オブ・ライズ映画の中で、主役ではないけれども主役級の存在感があった、ヨルダン情報局(GID)の責任者のハニ(マーク・ストロング)が1番オイシイところを持っていったような気がします。

「嘘は嫌いだ」「私に嘘をつくな」などと、協力関係を結ぶにあたってフィリスに要求していたハニですが、最後の最後に、最も大きな嘘をついて作戦を成功させるハニ。

ハニを演じたマーク・ストロングは、1963年8月生まれのイギリス俳優さんですが、父イタリア人、母オーストラリア人のためか、独特の風貌の魅力が、得体の知れない怖さと魅力をかもし出していて、目が離せませんでした☆><

ラストはあっけなく終わった感がありましたが、途中の展開は少し目を離したらストーリーについていけなくなるようなスピード感があったので、映画館で観る際は、途中でお手洗いに行きたくならないよう水分摂取は控えめに(?)した方がいいかもしれない映画ですよ。(笑)
 
comments(14) : trackbacks(0)

映画、理想の女(ひと)の感想

映画理想の女(ひと)感想

○出演:スカーレット・ヨハンソン ヘレン・ハント トム・ウィルキンソン スティーヴン・キャンベル
○監督:マイク・バーカー


理想の女(ひと)は、オスカー・ワイルドの「ウィンダミア卿夫人の扇」という戯曲を映画化したもの。

映画理想の女(ひと)によると、理想の女には2種類のタイプがいて、【タイプ1】は「すべてを知り尽くした女(ひと)」で、【タイプ2】は「何も知らない女(ひと)」だとか。

全く正反対のタイプだけれど、どちらも男性を虜にする魅力がある。

そんな「すべてを知り尽くした女(ひと)」をヘレン・ハントが、「何も知らない女(ひと)」をスカーレット・ヨハンソンが好演しています☆

恋多き女と、一途に一人の男性を信じ愛し続ける女。

…シアワセな女の生き方って、どちらなんでしょうね?
……あなたが女性でしたら、どちらの生き方がお好みですか?
……あなたが男性でしたら、どちらの女性がお好きですか?

女性だったら、思わず考えさせられてしまう(悩んでしまう?)ところもたくさんあるような気がしますが(苦笑)、理想の女(ひと)はステキな“The end”が待ち受けているので、観終わった後には、心のモヤモヤが晴れてじんわりと感動が広がるのではないでしょうか♪

まったりワイン片手に、静かに映画を楽しみたいときにおすすめです♪

PS/スカーレット・ヨハンソン(Scarlett Johansson)、カナダ出身の俳優、ライアン・レイノルズ(Ryan Reynolds)と5月5日に婚約したそうですね☆
うーん。スカーレット・ヨハンソンの私服は、何度見ても微妙に見えるけれど…。(汗)おめでと〜♪♪o(^-^)o
 
comments(1) : trackbacks(0)

映画、ジェリーフィッシュの感想

映画JELLYFiSHジェリーフィッシュ)の感想 ★★★☆☆
○出演:サラ・アドラー、ニコル・ライドマン、ゲラ・サンドラー、ノア・ノラー
○監督:エドガー・ケレット、シーラ・ゲフェン
2007年イスラエル=フランス映画(82分)


映画JELLYFiSHジェリーフィッシュ)の試写会を観ました☆

JELLYFiSHジェリーフィッシュ)は、公私ともにパートナーである(イスラエル人夫婦だそうです)、エトガー・ケレットとシーラ・ゲフェンの共同初長編監督作品。

ちなみに、この作品で2007年カンヌの新人監督賞であるカメラドールを受賞しました☆

JELLYFiSHジェリーフィッシュ)は、3つの物語が同時進行していく映画です。

 峽觝Ъ鮎譴覇くバティアという女性」、◆嵌簣宴中の不慮の事故によって新婚旅行を諦めた花嫁のケレン」、「フィリピンから出稼ぎにきたヘルパーのジョイ」のそれぞれが抱えている問題(悲しみ)。そして未来に抱く希望を、美しい色彩の映像や音楽によって、表現している映画だと感じました。

失敗続きで、人生に何となく疲れてしまっているときなど。
心が渇いて希望が持てないと感じているときに観たら、小さな幸せに気付いて、穏やかな気持ちになれるのではないでしょうか♪
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、アース earthの感想

映画アース earth感想 ★★★★★
○監督:アラステア・フォザーギル(ディープ・ブルーの監督) マーク・リンフィールド(プラネットアースの監督)
○コンダクター(ナレーション):渡辺謙


映画アース earth試写会を観てきました☆

アース earthは、40人のカメラマンによって、撮影日数4500日、制作年数5年かけてつくられた感動映画です。

地球の真実の姿、地球で生きる生き物たちのありのままの姿を映し出した映像は、ダイナミックで本当に素晴らしかったです!

旅は、ホッキョクグマが生息する極北からはじまり、徐々に南下。ザトウクジラが生息する南極でおわりを迎えますが、いままでに見たことのない景観や生き物たちの姿は圧巻で、最高の映画でした☆

アース earthは、地球の悲しい側面(現実)も映し出していて、いろいろなことを考えさせられますが、大人が観ても、子供が観ても、心に残るステキな映画ではないでしょうか♪

この映画は、大きなスクリーンで観るのがオススメですね☆^^
 
comments(2) : trackbacks(0)

映画、デス・プルーフ in グラインドハウスの感想

映画デス・プルーフ in グラインドハウス感想 ★★★☆☆

○監督:クエンティン・タランティーノ
○主演:カート・ラッセル ゾーイ・ベル ロザリオ・ドーソン ヴァネッサ・フェルリト ジョーダン・ラッド ローズ・マッゴーワン シドニー・タミーア・ポワチエ トレイシー・トムズ メアリー・エリザベス・ウィンステッド クエンティン・タランティーノ

デス・プルーフ in グラインドハウス試写会を観てきました☆(2007年9月1日より公開予定)

“グラインドハウス”とは、インディーズ映画ばかりを2、3本立てで上映していた劇場のこと。

かつて、アメリカでは、予算がない中で制作された映画(いわゆるB級映画と呼ばれるもの)を上映する“グラインドハウス”が数多く存在していました。フィルムは何度も使いまわしされたため、画質は悪く、ときどき映像が途切れたりしていたとか。

そんな“グラインドハウス”で上映される映画を再現しようと、デス・プルーフ in グラインドハウスでは、わざと映像を飛ばしたり、音声をブツ切れにしたりして制作されています。

これを理解してから観ないと、「なんじゃ、こりゃ!?(・・;)」と、決して綺麗とは言えない映像と映画の質にビックリすると思います。(笑)

低予算だから、アクションやバイオレンス、セックスなど。観客をビックリさせる内容で勝負しなければならない。

…ってわけで、デス・プルーフ in グラインドハウスは、カーアクションとバイオレンス満載でした。

わたしは、個人的には、バイオレンスやクレイジーなストーリーは苦手。だから、途中のグロいシーンでは、『うへぇ〜っ。。。』と思ったし、上映中に席を立つ方や、グ〜スカ眠っていらっしゃる方の気持ちも理解できました。(苦笑)

でも、後半からストーリーも面白みが出てきて、ラストは「なかなかヨカッタじゃないか♪」と、痛快な気持ちがしましたネ。^^

映画館まで足を運ぶ必要はないような気もしますが…。

グルメと同じ。フレンチやお寿司なども美味しいけれど、ジャンクフードにも違う美味しさがある。

だから、たまには、ハチャメチャなB級映画を楽しむのも面白いかもしれませんね♪
 
comments(0) : -

GREY'S ANATOMY(グレイズ・アナトミー)の感想

GREY'S ANATOMYグレイズ・アナトミー)の感想
○出演:エレン・ポンピオ パトリック・デンプシー サンドラ・オー キャサリン・ハイグル ジャスティン・チェンバース T・R・ナイト チャンドラ・ウィルソン イザイヤ・ワシントン ジェームス・ビッケンJr.

GREY'S ANATOMYグレイズ・アナトミー)シーズン1エピソード1、2の試写会を観てきました〜☆

海外ドラマって、“アリーmyラブ”や“デスパレートな妻たち”など。面白くって、ついつい最後まで観たくなるものが多いですよね。“GREY'S ANATOMYグレイズ・アナトミー)”も続きが観たくて仕方がなくなるような内容でしたよ☆^^

医療ヒューマン・ドラマなので、笑いあり、感動あり…と、心に響くエピソードが期待できそうですね♪

セクシーな俳優さん、パトリック・デンプシーや、助演女優賞を受賞したサンドラ・オーなど。魅力的な出演者にも目が話せない感じ!!個性的でありながら人間味あふれるキャラクターたちに、共感できる部分も多いような気がします♪^^
 
comments(4) : -

映画、スモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの感想

映画スモーキン・エース 暗殺者がいっぱい感想 ★★☆☆☆

○出演:ベン・アフレック アンディ・ガルシア アリシア・キーズ レイ・リオッタ ジェレミー・ピヴェン ライアン・レイノルズ
○監督:ジョー・カーナハン

スモーキン・エース 暗殺者がいっぱいの試写会を観てきました。【R15】のバイオレンス・ムービーです。

わたしは、バイオレンス・ムービーが基本的に苦手…。でも、「R15だし、アメリカで評判がよかったみたいだし、オーシャンズ11みたいな感じかな〜?」と、気軽な気持ちで観に行ったのですが…。

『おぇっ…。』Σ(=□=;)

信じられないくらいカンタンに人殺しをするクレイジーな映画でした↓。バイオレンス映画が好きな方は、ゾクゾク興奮するのかもしれませんが、わたしには合わなかったですね。

でも、激しい銃撃戦、人殺しのシーンに、『うっ。。。気持ち悪い…。』と思いつつ、食い入るように観てしまった“スピード感”は、スゴイと思いました。アメリカっぽいです。

ストーリーは、単純かと思いきや、最後の最後にいきなり急展開して終わります。。。ちょっと複雑なストーリーである上に、最後の最後に詰め込んだ感じがするので、わたしは、理解するのに少々時間を要しました。~~;

ストーリーを全て理解したとき、『面白い!』と思うか、『はぁん?(怒)』と思うかは、人によって違うと思いますが、わたしは“後者”。(苦笑)

ま、このストーリーなら、“暗殺者がいっぱい”なんていう、だっさいタイトルをつけたくもなるわな…なんて思いました。

批判しまくりでスミマセン!って感じですが、映画の好みは個人差がありますからね♪あくまでも、独断と偏見に満ちたわたしの感想ですので悪しからず!(笑)
 
comments(0) : -

映画、ジア 裸のスーパーモデルの感想

映画GIA(ジア) 裸のスーパーモデル感想 ★★★★★

○出演: アンジェリーナ・ジョリー フェイ・ダナウェイ
○監督: マイケル・クリストファー

アンジェリーナ・ジョリーが出演している映画の中でも、特にお気に入りの1本です♪

ファッション界のトップで活躍した実在のスーパーモデル、ジアをアンジェリーナ・ジョリーが熱演しています。ジアは、生き生きと魅力的に動くモデルとして、有名だったそうです。

確かに、“表情のない美人”よりも、“表情豊かな女性”の方が、魅力的に見えることって多いと思います。わたしたち日本人は、「表情が乏しい」とか、「アクション(動作)が少ない」と言われがち。><;

表情や、動作って、大人になってからでも、心がけ次第で磨いていくことができるものだから、映画を観て、「ステキだなっ。」と思うところは、どんどんマネをして取り入れていきたいですね。

GIA(ジア) 裸のスーパーモデルは、そんな魅力的な表情やポーズなど。参考になる点が多いところがうれしいですが、もうひとつ!

わたしたちは、「スーパーモデルって、綺麗で羨ましい〜!あんなに綺麗だったら、幸せだろうな!」なんて羨んでしまうことがあると思います。でも、GIA(ジア) 裸のスーパーモデルを観ると、外見の綺麗さだけでは、人生の幸せを長く勝ち取っていくことは難しいことが分かり、ジアの悲しい結末をみて、学ぶことが多いような気がします。

この映画は、レンタルよりも、DVDを購入した方が、お得かな♪わたしは女性ですが、女性にオススメの映画のひとつです☆
 
comments(0) : trackbacks(0)

映画、幸せのちからの感想

映画幸せのちから感想 ★★★☆☆

○出演:ウィル・スミス タンディ・ニュートン ジェイデン・クリストファー・サイア・スミス
○監督:ガブリエレ・ムッチーノ

全財産21ドルから立ち上がった父子の、実話に基づいた感動作」、幸せのちからの試写会を観に行ってきました。(公開は2007年1月27日より)

「誰にも“無理”だなんて言わせるなよ」、
「夢があったら、守れ」など。夢を追いかけて、かなえるまで諦めないことの大切さが伝わってきました☆でも、正直なところ、“モヤモヤした気持ち”、“不満感”も残る映画でした。^^;

「父を知らずに育った自分と同じ思いは味あわせたくない」と、自分が父親を知らずに育った経緯を持つ主人公は、何があっても子供の手を離さないという気持ちを持っていて、子供に対して愛情豊かな父親。

でも、夫の仕事が成功するために、陰ながら、一生懸命重労働(16時間労働/日)で家計を支えていた奥さんに対する態度は、同じ女性として、ちょっとムカムカ!(怒)するものがありました。^^;

話を聞かない態度の奥さんに非があったのは明らかだけれど、「もうこの状況に耐えられないから、息子を連れて出て行く。子供には母親が必要だわ。」と伝えたとき。

頑として、「子供には父親が必要!」と譲らない主人公。彼女は、眠っている子供に「愛していると伝えて。」と言い残して去っていく。そして、出て行く彼女を引き止めない主人公。。

「父を知らずに育った自分と同じ思いを味あわせたくない」という主人公の気持ちは分からないでもないが、母を知らずに育つ子供はOKなのか?(- -#)

努力をしてチャンスを掴み取り、チャンスを成功に結びつけるために、さらに努力を積み重ねた点には共感できますが…。主人公の自己中心的な発言や行動に関しては、共感できませんでした↓

「最終的に、億万長者になれば成功者?」など。自分の“幸せ”のヒント探しには、役立つ映画かもしれませんね☆
 
comments(5) : trackbacks(0)

映画、アレックスの感想

映画アレックス感想 ★★☆☆☆

○出演: モニカ・ベルッチ ヴァンサン・カッセル
○監督: ギャスパー・ノエ

モニカ・ベルッチが好きなので、DVDで観たんですが…。壮絶なレイプシーンやバイオレンスシーンのせいなのか、クルクルと回すようなカメラワークのせいなのか…。気分が悪くなり、正直、何度も途中で観るのを辞めようかと悩んだほどでした。~~;

2002年のカンヌ国際映画祭では、途中退場者も目立ち、ブーイングの嵐になったそうですが、納得ですね。~~;

モニカ・ベルッチは、「人の心に何かを残すような映画に出演したいと思っている。」というような発言をしていたことがあります。

「だから、この作品に出演したのかな?」と想像しましたが…。人生における“光”と“影”を伝えたかったのかもしれないけれど、かなり衝撃的。心にショックを残すばかりで、後味の悪い映画でした。
 
comments(0) : trackbacks(0)

  1/2P  >>